このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

とれたてキッチン

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

氷川神社の狛犬・角柱型水盤・大氷川の力石 (ひかわじんじゃのこまいぬ・かくちゅうがたすいばん・おおひかわのちからいし)

現在のページ
  1. トップページ
  2. 観光・催し
  3. ねりまの案内
  4. ねりまの歴史を知る
  5. 練馬の歴史と文化財
  6. 指定・登録文化財
  7. 氷川神社の狛犬・角柱型水盤・大氷川の力石 (ひかわじんじゃのこまいぬ・かくちゅうがたすいばん・おおひかわのちからいし)

ページ番号:260-770-703

更新日:2019年4月22日

氷川神社の狛犬こまいぬ角柱型水盤かくちゅうがたすいばん・大氷川の力石ちからいし

力石の写真
力石

 氷川神社の狛犬こまいぬは、獅子型で阿形・吽形あぎょううんぎょうの対をなしており、いずれも高さ60センチメートルの石造物です。向かって左側の吽形像うんぎょうぞうの台石の背面には、「天明七年(1787年)」の銘があります。巻毛まきげが短く可愛らしく表現されている点で珍しく、彫刻作品としても大変優れたものといえます。区内の神社に残る狛犬こまいぬとしては最古のものです。

 ※昭和63年度区登録

 角柱型水盤かくちゅうがたすいばんは、幅50センチメートル、奥行46センチメートル、高さ61センチメートルの石造物です。正面に「延享四年(1747年)下練馬上宿かみじゅく」の銘があります。角柱型かくちゅうがた水盤すいばんは少なく、区内神社に残る唯一のものです。

 ※昭和63年度区登録

 大氷川の力石ちからいし神楽殿かぐらでん前に置かれています。力石ちからいしは江戸時代後期から明治時代にかけて、関東地方で盛んに行われた若者の力試しに使われた河原石で、持ち上げた石に重量や姓名を刻んで奉納しました。なかでも「六拾貫目」の切付がある力石ちからいしは、区内でも大きな部類にはいるものです。

 ※平成13年度区登録

所在地

氷川神社境内(氷川台4丁目47番)

交通機関

東京メトロ有楽町線・副都心線 氷川台駅下車徒歩5分

お問い合わせ

地域文化部 文化・生涯学習課 伝統文化係  組織詳細へ
電話:03-5984-2442(直通)  ファクス:03-5984-1228
この担当課にメールを送る(新しいウィンドウを開きます)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

指定・登録文化財

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区Nerima city office

所在地:〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)

法人番号:3000020131202

練馬区 法人番号:3000020131202

© 2018 Nerima City.
フッターここまで
ページ上部へ