このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

がいこくのひとむけ

手続き案内サービス・リアルタイム窓口混雑情報

みどり・緑化

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

練馬大根カレー

ページ番号:265-121-970

更新日:2021年12月10日

じゃがいもの代わりに大根を煮込んだカレーです。大根の甘みを感じることができあっさりとした味わいです。
スパイスは、クミン、カルダモン、コリアンダーなど3~5種類組み合わせています。ご家庭でも、お好みのスパイスを組み合わせて、我が家のカレーを作ってみてはいかがでしょうか。


大根カレー

材料(4人分)

ごはん    適量
ルウ   油、バター各大さじ1と1/2、小麦粉大さじ3 ターメリック小さじ1/2
豚小間肉80g、下味用赤ワイン小さじ1
大根約15cm(300g)
人参中1/2本
玉ねぎ大1個
セロリ1/8本
にんにくみじん切り小さじ1/2
しょうがみじん切り小さじ1/2
カレー粉小さじ1
油適量
調味料(塩小さじ1/2、こしょう少々、トマトケチャップ大さじ1/2、トマトピューレ大さじ1、チャツネ大さじ1、中濃ソース大さじ1/2、ウスターソース大さじ1/2、しょうゆ大さじ1/2)
スパイス(タイム、コリアンダー、クミン、カルダモン、パプリカ、ガラムマサラ)適量
鶏がらスープカップ2(400ml)
※鶏がらスープの量は蒸発量により調整してください。

作り方

1.豚肉は赤ワインで下味をつけておく。
2.ルウを作る。フライパンに油、バターを入れて火にかけ、小麦粉をふり入れ、軽く炒めたらターメリックを入れ、弱火にして5~10分焦げないようにきつね色になるまで炒める。さらさらしてきたら火を止める。
3.大根と人参は乱切り、玉ねぎとセロリはうす切りにする。
4.鍋に油を熱し、玉ねぎとセロリを薄く色づく程度まで炒めたら、にんにく、しょうが、豚肉、カレー粉を加えて炒める。
5.大根、人参、鶏がらスープを入れ、野菜が柔らかくなるまで煮る。
6.ルウを溶かし入れる。調味料、スパイスを加えて仕上げる。

一人分の栄養価

ごはん150gとして
エネルギー434kcal
タンパク質9.5g
脂質11.0g

調理のポイント

※学校給食では、鶏がらでダシをとって使用していますが、家庭で作る場合は、市販のスープの素(鶏がら、コンソメ等)を使用することも可能です。また、ルウも手作りしていますが、市販のカレールウを使用してもおいしくできます。その場合は、塩の量を減らしてください。
※玉ねぎとセロリを色づくまで炒めるのが、コクが出るコツです。

お問い合わせ

教育振興部 保健給食課 学校給食係  組織詳細へ
電話:03-5984-5736(直通)  ファクス:03-5984-1221
この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

フッターここまで
ページトップへ