このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

リアルタイム窓口混雑情報

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

入選(審査委員長特別賞)

ページ番号:561-340-970

更新日:2010年2月1日

大根とホタテのパスタ

入選(審査委員長特別賞)の料理の画像1

大根とホタテのパスタ

材料
練馬大根 ・・・・・・16センチメートル A しょうゆ ・・・・・・・・少々
大根葉 ・・・・・・・・少々 A かつおだしの素 ・・少々
ホタテ缶 ・・・・・・・2缶 B 酒 ・・・・・・・・・大さじ4
パスタ ・・・・・・・・400グラム B 顆粒コンソメ ・・小さじ4
サラダ油 ・・・・・大さじ2 C しょうゆ ・・・・・・小さじ2
塩・胡椒 ・・・・・・・少々 C バター ・・・・・・大さじ2

作り方
(1)大根葉は小口切りにしゆでて、Aで下味をつける。
(2)パスタは少し固めにゆでる。
(3)大根は8センチメートルの千切りにする。
(4)フライパンにサラダ油を熱し、(3)を入れ油が回ったら、パスタのゆで汁200シーシーとホタテ缶を汁ごと加え、さらにBを加え煮る。
(5)大根が透明になったら、パスタとCを加えて塩・胡椒で味を整え、皿に盛り付け(1)をちらす。

大根のすいとん 大根の皮のごま酢和え

入選(審査委員長特別賞)の料理の画像2

大根のすいとん

材料
練馬大根 ・・・・・・2分の1本 水 ・・・・・・・・・・・5カップ
小麦粉 ・・・・・・2カップ しょうゆ ・・・・・・・・小さじ1
たまねぎ ・・・・・・・1個 塩 ・・・・・・・・・・・・・・・少々
にんにく ・・・・・・・・1片 刻み昆布 ・・・・・・・・・少々
ベーコン ・・・・・・・・1枚  

作り方
(1)大根はおろして小麦粉を加え、耳たぶ程の硬さにこねる。
(2)たまねぎ・にんにくはみじん切り、ベーコンは1センチメートル幅に切る。
(3)鍋に、たまねぎ・にんにく・ベーコン・昆布を入れ炒めてから、水を加え20~30分煮る。
(4) (3)の中に(1)をちぎりながら入れ,さらに煮る。
(5)しょうゆ・塩で味をととのえる。

大根の皮のごま酢和え

材料
大根の皮 ・・・・・・適宜 A 白炒りごま ・・・・・・大さじ4
大根葉 ・・・・・・・・適宜 A 砂糖 ・・・・・・・・大さじ1
にんじん ・・・・・・・少々 A しょうゆ ・・・・・・小さじ1
  A 酢 ・・・・・・・・・・大さじ1

作り方
(1)大根の皮とにんじんは細切りにし、大根葉はみじん切りにして、油で炒める。
(2)Aを混ぜてごま酢を作り、(1)を和え味をととのえる。

大根と豚肉のうま煮 大根とあさりの炒め物

入選(審査委員長特別賞)の料理の画像3

大根と豚肉のうま煮

材料
練馬大根上部 ・・・・・2分の1本 しょうゆ ・・・・・・・・・・大さじ3
豚こま切れ肉 ・・・・・・100グラム 酒 ・・・・・・・・・・・・・大さじ4
長ねぎ ・・・・・・・・・・・・1本 みりん ・・・・・・・・・・大さじ1
生姜 ・・・・・・・・・・・・・1片 サラダ油 ・・・・・・・・大さじ1

作り方
(1)大根は皮をむき、大きめの乱切りにする。
(2)しょうゆと酒を混ぜ豚肉を10分程漬け込む。
(3)大きめの鍋にサラダ油を熱し(2)の肉を炒める。斜め切りの長ねぎと薄切りの生姜を加えサッと炒め、(1)も加え炒める。
(4)大根が少し透明になってきたら、(2)の漬け汁と水を入れ中火から強火で大根が柔らかくなるまで煮る。最後にみりんをまわしかける。

大根とあさりの炒め物

材料
練馬大根 ・・・・・・・・3分の1本 塩 ・・・・・・・・・・・小さじ2分の1
あさりの水煮缶 ・・・・・130グラム 胡椒 ・・・・・・・・・・・・・少々
パセリ ・・・・・・・・・・・少々 固形ブイヨン ・・・・・・2分の1個
サラダ油 ・・・・・・・・・適宜 片栗粉 ・・・・・・・・・小さじ2
  水 ・・・・・・・・・・・・・・200シーシー

作り方
(1)大根は皮をむき拍子切りにする。
(2)フライパンにサラダ油を熱し(1)を炒める。しんなりしてきたら、あさりを汁ごと入れてさらに炒め塩・胡椒する。
(3)水とブイヨンを加えて2~3分炒め、水溶き片栗粉でとろみをつけたら盛付け、パセリのみじん切りをふる。

大根のお花

入選(審査委員長特別賞)の料理の画像4

大根のお花

材料
練馬大根 ・・・・・・1本 A 砂糖 ・・・・・・・・・大さじ1
大根葉 ・・・・・・・1本分 A だししょうゆ ・・・・大さじ2
合ひき肉 ・・・・・・200グラム B 味噌 ・・・・・・・・・大さじ5
ミニトマト ・・・・・・・5個 B 砂糖 ・・・・・・・・・・・適量
白炒りごま ・・・・・・・少々 B みりん ・・・・・・・・大さじ5
だしの素 ・・・・・・少々 B 酒 ・・・・・・・・・・・大さじ5
塩 ・・・・・・・・・・・少々  
サラダ油 ・・・・・・・・・・大さじ2  

作り方
(1)大根は皮をむき、厚さ2センチメートルの半月に切る。
(2)鍋に水50シーシーと(1)とだしの素少々を入れ煮る。途中Aを加え、大根が柔らかくなるまで20分程煮る。
(3)別の鍋にひき肉と(2)の煮汁を入れ火にかけ、ひき肉に火が通ったら、Bを加え耳たぶ位の柔らかさに練り上げる。
(4)大根の葉は1センチメートル位に切り、サラダ油で炒め、仕上げに塩を少々ふりかける。
(5)お皿に大根を盛り、中心に(3)を置き、周りに(4)を飾る。(3)に白炒りごまをふる。

練馬大根のステーキ・秋仕立て

入選(審査委員長特別賞)の料理の画像5

練馬大根のステーキ・秋仕立て

材料
練馬大根 ・・・・・・10センチメートル A 三温糖(又は上白糖)小さじ1 
大根葉 ・・・・・・2分の1本分 A 栗の甘露煮シロップ・小さじ1 
しめじ ・・・・・・・1パック A 酒 ・・・・・・・・・・・・大さじ2
えのき茸 ・・・・・1パック A しょうゆ ・・・・・大さじ2と2分の1
牛肉切り落とし・・50~80グラム   
栗の甘露煮 ・・・2~3粒  
芽ねぎ(又は万能ねぎ) ・・・適宜   
バター ・・・大さじ1+大さじ2分の1  
水溶き片栗粉(片栗粉小さじ2と2分の1 水大さじ2)  
七味(一味)唐辛子 ・・・適宜  

作り方

(1)大根は2.5センチメートルの輪切りにし、皮をむいて米のとぎ汁で箸がとおるまで煮る。
(2)フライパンにバター大さじ1を溶かし、(1)を両面がきつね色になるまで焼く。
(3)大根葉は柔らかめにゆで、水気を絞りみじん切りにする。
(4)しめじは石付きを取ってばらし、えのきも石付きを取り半分に切ってほぐす。
(5)牛肉は一口大に切り、栗の甘露煮はあらみじん切りにする。
(6)フライパンにバター大さじ2分の1を溶かし、(3)(4)(5)を入れて炒め、きのこがしんなりし牛肉に火が通ったら、Aを上から加え調味し水溶き片栗粉でとろみをつける。
(7) (6)を(2)の大根の上にのせ、芽ネギ又は万能ねぎの小口切りをちらし、七味(一味)唐辛子をふる。

大根と塩豚の炊き合わせ 大根と塩昆布の浅漬け

入選(審査委員長特別賞)の料理の画像6

大根と塩豚の炊き合わせ

材料
練馬大根 ・・・・・・・・3分の1本 塩 ・・・・・・・小さじ1と2分の1
豚ばら肉のかたまり ・300グラム 水 ・・・・・・・1と2分の1カップ
万能ねぎ ・・・・・・・・・適宜 焼酎 ・・・・・1と2分の1カップ
  黒胡椒 ・・・・・・・・・少々
  千鳥酢 ・・・・・・・・・少々
  和辛子 ・・・・・・・・・適宜

作り方
(1)豚ばら肉は全体に塩をまぶし、ラップをして冷蔵庫で一晩おき、3センチメートルの厚さに切る。
(2)大根は皮をむき、1センチメートルの半月切りにし面取りをする。
(3)鍋に(1)と水と焼酎を入れて、1時間程中火で煮る。
(4) (3)に(2)を入れ更に1時間程煮て、黒胡椒・千鳥酢を加える。
(5)器に盛り万能ねぎをちらし、和辛子をそえる。

大根と塩昆布の浅漬け

材料
練馬大根 ・・・・・・・・・5センチメートル 塩昆布 ・・・・・・・・・・10グラム
きゅうり ・・・・・・・・・・・1本 塩 ・・・・・・・・・・・・・・少々

作り方
(1)大根は皮をむき太めの千切りにする。
(2)きゅうりは塩ずりしてから薄い輪切りにする。
(3) (1)と(2)と塩昆布を混ぜ、冷蔵庫で20~30分おく。

お問い合わせ

都市農業担当部 都市農業課 農業振興係  組織詳細へ
電話:03-5984-1403(直通)  ファクス:03-3993-1451
この担当課にメールを送る(新しいウィンドウを開きます)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

平成19年 練馬大根創作料理コンテスト レシピ一覧

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区Nerima city office

所在地:〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)

法人番号:3000020131202

練馬区 法人番号:3000020131202

© 2018 Nerima City.
フッターここまで
ページトップへ