このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

手続き案内サービス・リアルタイム窓口混雑情報

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

第45号 実践しよう!!食中毒予防の3原則

現在のページ
  1. トップページ
  2. 保健・福祉
  3. 衛生
  4. 食品に関すること
  5. 食品衛生だより
  6. 第45号 実践しよう!!食中毒予防の3原則

ページ番号:122-361-488

更新日:2013年7月1日

 ジメジメしたこの時期、心配なものと言えば食中毒。食中毒予防の3原則『細菌やウイルスをつけない・増やさない・やっつける』をしっかり実践し食中毒からからだを守りましょう!

食中毒予防の3原則

食中毒予防の3原則

1 細菌・ウイルスをつけない

★手をよく洗いましょう!
  トイレの後、料理の前、生ものや汚れ物を触った後…
★調理器具を使い分けしましょう!
  まな板は、下処理用(肉・魚など)と生野菜用(そのまま食べるもの用)を用意しましょう
★保存するときは、包んで保存しましょう!
★調理器具の洗浄、消毒をしましょう!
  消毒は、熱湯や漂白剤で

2 細菌を増やさない

★残りものなどを室温に放置しない!
  必ず冷蔵庫に入れましょう!
★調理後は、早めに食べましょう!
★自然解凍はしない!
  解凍は、冷蔵庫や電子レンジで!
※ウイルスは食品中では増えません

  • 食品を保存するときは

  冷蔵4度以下
  冷凍-18度以下(生食用魚介類は必ず冷蔵(4度以下)で保存)

3 細菌・ウイルスをやっつける

★しっかり加熱しましょう!
  から揚げ、ハンバーグなどは中まで火が通っているか確かめましょう
★再加熱する時も、しっかり加熱!
  温める程度ではダメ。電子レンジを使うときは、途中でかきまぜ加熱ムラを防ぎましょう。

  • 加熱するときは中心温度が

  ノロウイルスは85度1分以上
  O157などは75度1分以上
   になるよう加熱

お肉の生食、生焼けに注意!!

 とりわさ、とり刺しなどの生肉料理や、焼肉などで加熱不足のお肉やレバーを食べたことによる食中毒が発生しています。新鮮なものでも、生のお肉には「腸管出血性大腸菌」や「カンピロバクター」といった食中毒菌がついていることがあります。
 抵抗力の弱い子どもや、高齢者では重症化しやすく、合併症を引き起こすことがあります。特に腸管出血性大腸菌では、重篤な合併症として溶血性尿毒症症候群(HUS)(腎機能障害・意識障害など)があり、後遺症が残ったり死亡する場合があります。

お肉を食べるときは、十分に加熱して食べましょう!

 牛肉や牛レバーは、法律で規格基準が定められました。規格基準に合った生食用牛肉は生で食べることができますが、牛レバーは生で食べることはできません。

生のお肉にはどんな食中毒菌がついているの?

腸管出血性大腸菌

・数百個程度の非常に少ない菌数で発症する
・熱に弱い(75度1分で死滅)
・潜伏期間(感染してから症状が現れるまでの期間)が2~9日と長い(多くは3~5日)
・激しい腹痛、水様便(血便になることも)
・生肉を触った手や感染者の便を介して感染することもある
・逆性石けんやアルコールなどの市販の消毒薬でも容易に死滅

カンピロバクター

・数百個程度で発症
・熱に弱い
・乾燥に弱い
・潜伏期間が2~5日と長い
・下痢、腹痛、発熱(38℃前後)
・鶏肉に多く、市販の鶏肉の40~60%に付着している

サルモネラ

・熱に弱い
・潜伏期間が8~72時間(平均12時間)
・腹痛、下痢、発熱(高熱38~40℃)
・鶏卵についていることもある。

これらの食中毒菌は動物のおなかの中にいます。
それが、解体するときにお肉についてきます。

発行日

平成25年6月15日

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

健康部 生活衛生課 食品衛生担当係  組織詳細へ
電話:03-5984-4675(直通)  ファクス:03-5984-1211
この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

フッターここまで
ページトップへ