このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

がいこくのひとむけ

手続き案内サービス・リアルタイム窓口混雑情報

みどり・緑化

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

子宮頸がん(HPV感染症)ワクチンのキャッチアップ接種について

現在のページ
  1. トップページ
  2. 保健・福祉
  3. 保健
  4. 予防接種
  5. 子宮頸がん(HPV感染症)ワクチンのキャッチアップ接種について

ページ番号:476-441-488

更新日:2022年6月30日

キャッチアップ接種とは

 HPV(子宮頸がん予防)ワクチンの接種は、平成25年6月から積極的勧奨を差し控えておりましたが、令和3年11月の厚生労働省通知により積極的勧奨を再開することとされました。

 積極的勧奨の差し控えにより接種機会を逃した方を対象に実施する予防接種をキャッチアップ接種といいます。

実施期間

令和4年4月1日から令和7年3月31日までの3年間

対象者 

 接種日現在、練馬区に住民登録があり、平成9年4月2日から平成18年4月1日までの間に生まれた女性 (※1)

 (過去にHPVワクチンを3回接種している方は対象外です。


(※1)キャッチアップ接種の期間中に定期接種の対象から新たに外れる世代についても、順次キャッチアップ接種の対象となります。
・平成18年4月2日から平成19年4月1日までに生まれた女性→令和5年度、令和6年度対象となります。
・平成19年4月2日から平成20年4月1日までに生まれた女性→令和6年度対象となります。

予診票等の発送時期

 対象者には、令和4年6月30日に予診票やリーフレットを送付しました。(※1)
 (平成18年4月2日から平成20年4月1日までに生まれた女性は令和4年4月に定期接種の予診票を発送しました。)

(※1)練馬区で定期接種(平成25年度から令和3年度)、任意接種(平成22年度から)として3回接種した方を除いて一律に3回分の予診票を送付しています。他自治体での接種や自費による接種は把握していないため、事前に母子手帳等で過去の接種歴を確認してください。

予診票の発行について

他区からの転入、練馬区内での転居、破損、紛失などにより予診票が必要となった方は下記リンク先から発行依頼を行うことが可能です。

接種回数とスケジュール

 ワクチンは「サーバリックス(2価)」と「ガーダシル(4価)」の2種類があり、それぞれ接種間隔が異なりますのでご注意ください。
 同じ種類のワクチンで3回接種するため、どちらのワクチンを接種するかについては、接種医とご相談ください。
 シルガード9(組み換え沈降9価ヒトパピローマウイルス様粒子ワクチン)については、厚生労働省が製造販売を承認しましたが、現段階では定期予防接種の対象とされていないため、接種費用は全額自己負担となります。ご注意ください。

サーバリックス(2価)

 対象となるウイルスのタイプ:2価(HPV16型、18型 高リスク型(発癌性))
 日本での発売日:平成21(2009)年12月

ガーダシル(4価)

 対象となるウイルスのタイプ:4価 (HPV16型、18型 高リスク型(発癌性)、6型、11型 低リスク型(非発癌性)尖圭コンジローマ)
 日本での発売日:平成23(2011)年12月

接種を受ける場所

1.練馬区の予防接種協力医療機関、練馬区以外の22区、西東京市および武蔵野市(当該自治体の予防接種協力医療機関であることを確認してください。)でも受けられます。
 練馬区予防接種協力医療機関一覧 
2.特別な理由により、上記の予防接種協力医療機関で接種を受けることができない方は、予防接種を受ける前に「保健予防課 予防係(03-5984-2484)」にご相談ください。

次のいずれかに該当する場合、助成は受けられません

1.接種日現在、練馬区に住民登録がない場合(※1)
 (転出届を提出した日付ではなく、転出日から住民登録はなくなり、全額自己負担となります。ご注意ください。)
2.予診票の有効期限(接種期限)を過ぎて、接種を受けた場合
3.「子宮頸がん(ヒトパピローマウイルス感染症)予防ワクチン 接種予診票」を医療機関に持参しなかった場合

(※1)練馬区外に転出した方は、接種を受ける前に転入先の行政機関にご相談ください。
   練馬区内で引越し(転居)した方は、新しい住所が記載された予診票が必要です。転居の手続き後、予診票再発行の申請をしてください。
  旧住所が記載されている予診票の場合、接種、助成を受けられない場合があります。

予防接種を受ける前の注意

1.子宮頸がん(HPV感染症)予防接種を受けることについて、このページをよく読んで、必要性や副反応についてよく理解してください。
2.予防接種は体調が良いときに受けてください。
3.日ごろからの健康状態によく気を配ってください。
4.気にかかることやわからないことがあれば、接種を受ける前に医師や看護師などに相談してください。

接種間隔

詳しくは、下記のリンク先をご覧ください。

予防接種を受けることができない方

1.接種を受ける時、体温が37.5℃以上ある方
2.重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな方(※1)
3.子宮頸がん(HPV感染症)予防接種の接種液に含まれる成分で、アナフィラキシー(※2)を起こしたことが明らかな方
4.その他、医師が予防接種を受けることが不適当と判断した方

(※1)急性で重症な病気にかかっている方は、その後の病気の変化もわからないことから、その日は接種を受けないのが原則です。
(※2)「アナフィラキシー」というのは通常接種を受けた後約30分以内に起こるひどいアレルギー反応のことです。汗がたくさん出る、顔が急に晴れる、全身にひどいじんましんが出るほか、はきけ、嘔吐(おうと)、声が出にくい、息が苦しいなどの症状やショック状態になるような、はげしい全身反応のことです。

予防接種を受ける際に医師とよく相談しなくてはならない方

 次の理由で、医療機関に通院中の方は、主治医のいる医療機関で接種を受けてください。
 なお、主治医のいる医療機関以外で接種を受ける場合は、主治医の意見書または診断書が必要なこともあるので、診察の際にご相談ください。
1.心臓病、腎臓病、肝臓病、血液の病気や発達障害などで治療や指導を受けている方
2.予防接種で接種後2日以内に発熱や発しん、じんましんなどアレルギーと思われる異常がみられた方
3.今までに、ひきつけ(けいれん)を起こしたことがある方
4.過去に、免疫不全と診断がなされている方、近親者に先天性免疫不全症の人がいる方
5.子宮頸がん(HPV感染症)ワクチンに含まれる成分で、アレルギーを起こすおそれがある方

接種時に持参するもの

1.必ず持参するもの
 ・「子宮頸がん(ヒトパピローマウイルス感染症)予防ワクチン 接種予診票」(事前に必要事項をご記入ください。
 ・氏名、住所、生年月日(年齢)が確認できる書類(健康保険証、免許証など)
 ・母子健康手帳(母子手帳)(接種歴・接種間隔の確認のため、お手元にある場合は必ず持参してください。)

2.任意で持参するもの(接種する前に必ずお読みください)
 ・郵送された「【定期】子宮頸がん(HPV感染症)キャッチアップ接種のお知らせ

3.必要な方のみ持参するもの
 ・練馬区が発行した「予防接種実施依頼書

予防接種を受けた後の注意

1.接種を受けた後、移動する際は、医療従事者等が付き添い転倒に気を付けましょう。
2.接種を受けた後はすぐに帰宅せず、30分程度は医療機関内で安静にし、(アナフィラキシー等の急な副反応はこの間に起こる
 ことがあります。)医師とすぐ連絡がとれるようにしておきましょう。
3.接種を受けた後、接種部位の異常な反応(例:腫れが次第に上腕全体に広がってきた、痛みがさらに強くなってきたなど)
 体調の変化があった場合は、すみやかに医師の診療を受けましょう。
4.接種を受けた後、1週間は副反応の出現に注意しましょう。
5.接種を受けた部位は清潔に保ちましょう。入浴は差し支えありませんが、接種を受けた部位をこすることはやめましょう。
6.接種当日は、激しい運動は避けましょう。

予防接種による健康被害と救済制度

詳しくは、下記のリンク先をご覧ください。

HPVワクチンを自費で接種した方に対する償還払い

 区では、子宮頸がん(HPV感染症)ワクチンを自費で接種した方を対象に償還払い(費用助成)を実施しています。
 HPVの償還払いを希望される方は、下記のリンク先をご覧ください。

お問い合わせ

健康部 保健予防課 予防係  組織詳細へ
電話:03-5984-2484(直通)  ファクス:03-5984-1211
この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

フッターここまで
ページトップへ