このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

がいこくのひとむけ

手続き案内サービス・リアルタイム窓口混雑情報

みどり・緑化

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

帯状疱疹ワクチン任意接種助成事業について

現在のページ
  1. トップページ
  2. 保健・福祉
  3. 保健
  4. 予防接種
  5. 帯状疱疹ワクチン任意接種助成事業について

ページ番号:893-125-619

更新日:2024年2月14日

 練馬区では、全額自己負担となっていた帯状疱疹ワクチンの予防接種について、接種費用の一部助成を令和5年4月1日から開始しました。

 令和6年4月1日以降の助成の継続については、令和6年3月下旬ごろを目途に、ホームページや区報でお知らせいたします。
 なお、現在お持ちの予診票は令和5年度中(令和6年3月31日まで)が有効期限となっており、4月以降の接種には令和6年度用の予診票が必要になります。
 予診票の申請時期や申請方法等については、詳細が決まり次第、ホームページでお知らせいたします。

 帯状疱疹ワクチンは、現在、予防接種法に基づかない任意予防接種となっており、ご本人の希望により接種を受けるものです。
 接種を受けるかどうかは、接種医と相談し、その効果とリスクを理解したうえでご判断ください。
 なお、助成制度の開始以前に接種をされた場合、接種後に費用を請求できる償還払いの制度はございませんので、ご注意ください。

※令和5年4月1日以降に、入院、施設入所等により区内の予防接種協力医療機関以外で接種された方への助成(償還払い)制度を開始しました。詳しくは、こちらをご覧ください。

帯状疱疹(たいじょうほうしん)とは

 帯状疱疹は、水痘帯状疱疹ウイルスによって引き起こされる感染症です。ストレスや過労などによりウイルスに対する免疫力が低下すると、神経節に潜伏していたウイルスが再活性化し、神経を伝わり皮膚に到達して、痛みを伴う赤い発疹を生じます。
 症状は、皮膚にピリピリとした痛みを感じ、やがてその部分に紅斑と呼ばれる赤い湿疹ができ、その後は水疱ができて破れ皮膚がただれ、かさぶたができます。かさぶたになっても痛みは続き、痛みの度合いは軽いものから夜眠れないほどの強い痛みを感じるものまで様々です。
 日本では、80歳までに約3人に1人がかかるといわれています。また、皮膚症状が治った後も、50歳以上の約2割の方に長い間痛みが残る帯状疱疹後神経痛(PHN)になる可能性があります。

接種費用の一部助成について(4月7日(金)に対象者へ予診票を一斉発送しました。)

助成制度の内容(※)
  内容
対象者 接種日に練馬区にお住まいの50歳以上の方
助成額(1回) 生ワクチン:4,000円 不活化ワクチン:11,000円
助成開始日 令和5年4月1日

注釈
・ 助成は、いずれかのワクチンで生涯1度です。
自己負担額は接種金額から助成額を引いた額です。医療機関によって異なりますので、接種を希望する医療機関に事前にお問い合わせください。
・ 一般的な接種金額は、生ワクチンが8,000円程度、不活化ワクチンが22,000円程度です。
 自己負担の例:(1)生ワクチンの場合(接種金額8,000円-助成額4,000円)×1回=4,000円
         (2)不活化ワクチンの場合(接種金額22,000円-助成額11,000円)×2回=22,000円
  ※ 接種金額は医療機関によって異なります。
・ 自己負担額は、接種した医療機関でお支払いください。
・ 接種の際には、必ず、予診票を医療機関に持参してください。
・ ワクチン接種は、50歳の誕生日の前日から可能となります。
・ 不活化ワクチンの助成額は、1回あたりの金額で2回とも助成対象です。
・ 生活保護受給者および中国残留邦人等給付受給中の方は、全額助成となります。
・ 医療機関によって扱っているワクチンの種類が異なるため、予診票と同封の「予防接種協力医療機関一覧表」に記載の医療機関に確認の上、接種を受けてください。

帯状疱疹ワクチンについて

 水痘・帯状疱疹ウイルスに対する免疫力を高めて、帯状疱疹の発症率低減と重症化予防に効果がある帯状疱疹ワクチンは、病原性を弱めた病原体からできている乾燥弱毒生水痘ワクチン(生ワクチン)と乾燥組換え帯状疱疹ワクチン(不活化ワクチン)の2種類があります。

生ワクチンと不活化ワクチンについて
  生ワクチン 不活化ワクチン
接種可能年齢 50歳以上 50歳以上
または帯状疱疹に罹患するリスクが高いと考えられる18歳以上(※1)
接種回数 1回 2回(※2)
接種方法 皮下注射 筋肉内注射
予防効果 約50~60% 約95%
持続期間 約7年 約9年

注釈 (※1) 18歳~49歳の方は、接種費用助成の対象ではありません。
   (※2) 2回目接種は、1回目接種の「2か月後」から「6か月後の同日の前日」までに行ってください。
        なお、帯状疱疹に罹患するリスクが高い方は、接種医の判断により、2回目までの接種間隔を1か月に短縮することができます。

予防接種を受ける場所

区内の予防接種協力医療機関

予防接種による健康被害と救済制度

詳しくは、以下のリンク先をご覧ください。

予診票の発行について

他自治体からの転入、練馬区内での転居、破損、紛失などにより予診票が必要となった方は下記リンク先から発行依頼を行うことが可能です。
予診票発行について

よくある質問と回答

他ワクチンとの同時接種は可能ですか?

 「生ワクチン」の接種後に異なる「生ワクチン」を接種する場合には、接種間隔を27日間以上あける必要がありますが、それ以外のワクチンの組み合わせ(例:不活化ワクチン接種後に生ワクチンを接種など)では、前の接種からの間隔にかかわらず、次の接種を受けることができます。
 ただし、コロナワクチンは、インフルエンザワクチンのみが同時接種可能とされており、インフルエンザワクチン以外を接種する場合、互いに14日以上あけて接種する必要があります。

練馬区以外で、帯状疱疹ワクチンを接種したいが可能ですか?

 定期接種の各ワクチンは、23区等との協定に基づき、練馬区発行の予診票を用いて区外の医療機関で接種できますが、任意接種の帯状疱疹ワクチンは、区独自の助成事業となるため、区内の医療機関でのみの接種となります
  令和5年4月1日以降に、入院、施設入所等により区内の予防接種協力医療機関以外で接種された方への助成(償還払い)制度を開始しました。詳しくは、こちらをご覧ください。

過去に帯状疱疹にかかったことがあります。この場合でもワクチンの接種は可能ですか?

 帯状疱疹にかかったことがある人も帯状疱疹ワクチンを接種することは可能です。
 ただし、帯状疱疹を発症している場合は、症状が軽減するまで、ワクチンの接種を延期すべきとされています。接種が可能かどうかについては、接種医にご確認ください。

過去に帯状疱疹ワクチンを済ませていますが、予診票を用いて接種をしたいと考えていますが、接種は可能ですか?

 薬事承認(=医薬品や医療機器などの製造販売を厚生労働大臣が承認すること)においては、ワクチン接種完了後から再接種までの期間については示されておりません。接種が可能かどうかについては、接種医にご確認ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

健康部 保健予防課 予防接種係  組織詳細へ
電話:03-5984-2484(直通)  ファクス:03-5984-1211
この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

フッターここまで
ページトップへ