このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

リアルタイム窓口混雑情報

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

治療用装具を作ったときや保険証を持たずに受診したときなどで医療費の全額を自己負担したとき(療養費の支給)

現在のページ
  1. トップページ
  2. くらし・手続き
  3. 国保・後期高齢者医療・年金
  4. 国民健康保険
  5. 国民健康保険の各種給付
  6. 治療用装具を作ったときや保険証を持たずに受診したときなどで医療費の全額を自己負担したとき(療養費の支給)

ページ番号:178-563-972

更新日:2020年5月1日

 次のようなときで、医療費の全額を自己負担した場合は、国保に申請すると、審査により保険で認められた部分のうち国保負担分(7~9割)を支給します。

  • 急病など、緊急その他やむを得ない理由で、医療機関に保険証を提示できなかったとき
  • 医師の指示によりコルセットなどの治療用装具を作ったとき
  • 医師が治療上、マッサージ・はり・きゅうを必要と認めたとき
  • 輸血のために生血の費用を負担したとき(親族から血液を提供された場合を除く)
  • やむを得ず高齢受給者証を提示できなかったとき、または負担割合が変わったとき

新型コロナウイルス感染症対策について

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、郵送での手続きをおすすめしております。
やむを得ず窓口にご来庁される場合は、下記サイトより窓口の混雑状況をご確認いただき、空いている時間にご来庁ください。
インターネットやスマートフォンで窓口の受付状況をリアルタイムで確認できます。

申請期間

医療費を支払った日の翌日から2年間
郵送による申請も受付していますので、支給申請に必要なものをご確認いただき、申請書等の必要な書類申請書のダウンロードから出力してご利用ください。なお、ご不明な点は下記担当までご連絡ください。

申請者

世帯主

申請に必要なもの

すべての内容に共通で、申請書、保険証、世帯主の印かん(スタンプ印不可)、世帯主名義の金融機関口座が必要です。
さらに、申請内容ごとに下表のものも必要です。

療養費の支給申請に必要なもの
こんなとき 申請に必要なもの
急病などやむを得ない理由で保険証を持たずに医療機関を受診したとき ● 診療報酬明細書(=レセプト)
※診療明細書や領収明細書では申請できません。
● 領収書
医師の指示によりコルセットなどの治療用装具を作ったとき ● 補装具を必要とした医師の証明書(意見書)
● 領収書(内訳記載のあるもの)
● 靴型装具の写真(靴型装具の場合のみ必要)
医師が治療上、マッサージ・はり・きゅうを必要と認めたとき ● 医師の同意書
● 施術料金の明細書
● 領収書
※ほかにも必要な書類がある場合があります。
 詳しくはお問い合わせください。
輸血のため生血の費用を負担したとき(親族から血液を提供された場合を除く) ● 医師の証明書
● 輸血用生血液受領証明書
● 血液提供者の領収書
やむを得ず高齢受給者証を提示できなかったとき、または負担割合が変わったとき ● 領収書
● 高齢受給者証

申請書のダウンロード

窓口

・区民部 国保年金課 こくほ給付係   電話:03-5984-4553(直通)(本庁舎3階)
・区民部 国保年金課 こくほ石神井係  電話:03-5984-1114~6(直通)(石神井庁舎2階)
※郵送によるご申請の場合はこくほ給付係へお送りください。

備考

後期高齢者医療制度にご加入の方は下記にお問い合わせください。
区民部 国保年金課 後期高齢者資格係 電話:03-5984-4587(直通)

お問い合わせ

区民部 国保年金課 こくほ給付係  組織詳細へ
電話:03-5984-4553(直通)  ファクス:03-3993-3260
この担当課にメールを送る(新しいウィンドウを開きます)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

国民健康保険の各種給付

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区Nerima city office

所在地:〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)

法人番号:3000020131202

練馬区 法人番号:3000020131202

© 2018 Nerima City.
フッターここまで
ページトップへ