このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

リアルタイム窓口混雑情報

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

特定建築物、防火設備、建築設備、昇降機等の定期調査・報告制度

現在のページ
  1. トップページ
  2. 事業者向け
  3. 事業者向け情報
  4. 土木・建築関係
  5. 建築指導など(建築課・建築審査課)
  6. 特定建築物、防火設備、建築設備、昇降機等の定期調査・報告制度

ページ番号:786-014-764

更新日:2017年4月3日

(建築基準法第12条第1項、第3項)

 ホテル、デパート、病院、飲食店、共同住宅など不特定多数の方が利用する建築物は、建物・防火設備・建築設備・昇降機等について建築基準法に基づいて防火・避難・安全性などの状況を調査・検査し、報告しなければなりません。

法改正のお知らせ

平成28年6月1日から定期調査・検査報告書の様式が変更されました。

 多くの人が利用する建築物(特定建築物等)は、建物や建築設備が適切に管理されていないと、火災などの災害が起こったときに大きな被害が出る恐れがあります。
 また、エレベーターなどは人が日常的に利用する設備であり、適切に維持保全されていないと人命を損ないかねません。
 このような危険を避けるため、特定建築物等、防火設備、建築設備、昇降機等の所有者・管理者は定期的に専門の技術者よる調査・検査を行う必要があり、その結果は特定行政庁に報告するよう建築基準法で定められています。

定期調査・検査は4種類あります

特定建築物等の定期調査報告

火事のとき、安全に避難できますか?

調査項目

外壁の劣化、防火区画や避難施設の状況等

報告時期

用途規模によって毎年または3年ごと

防火設備の定期検査報告

防火設備が適切に閉まりますか?

調査項目

防火扉、防火シャッター、耐火クロススクリーン、ドレンチャーその他水幕を形成する防火設備

報告時期

毎年
(平成28年6月1日より平成31年5月31日までの間は経過措置あり)

建築設備の定期検査報告

建築設備はきちんと機能しますか?

検査項目

換気設備、排煙設備、非常用照明、給排水設備

報告時期

毎年

昇降機等の定期検査報告

エレベーターやエスカレーターは安全ですか?

検査項目

エレベーター、小荷物専用昇降機、エスカレーター、遊戯施設等

報告時期

昇降機は毎年、遊戯施設は半年ごと

定期報告についての問い合わせ先は下記のとおりです。

〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号
建築審査課 設備係 電話:03-5984-1937(直通)

お問い合わせ

都市整備部 建築審査課 設備係  組織詳細へ
電話:03-5984-1937(直通)  ファクス:03-5984-1225
この担当課にメールを送る(新しいウィンドウを開きます)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

このページを見ている人はこんなページも見ています

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区Nerima city office

所在地:〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)

法人番号:3000020131202

練馬区 法人番号:3000020131202

© 2018 Nerima City.
フッターここまで
ページトップへ