このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

とれたてキッチン

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

住民税が課税されない場合

ページ番号:128-772-762

更新日:2019年1月31日

 所得や家族の状況によって、住民税の均等割または所得割が課税されない場合があります。

均等割と所得割のどちらも課税されない場合(非課税)

(1) 1月1日現在、生活保護法による生活扶助を受けている場合

(2) 1月1日現在、障害者、未成年者、寡婦(夫)で、前年中の合計所得金額が125万円以下の場合

(3) 前年中の合計所得金額が、つぎの金額以下の場合
   a 同一生計配偶者・扶養親族がいない場合 35万円
   b 同一生計配偶者・扶養親族がいる場合  35万円×(同一生計配偶者+扶養親族数+1)+21万円

合計所得金額とは、住民税の所得割の対象となる各種所得金額の合計額のことです。
 合計所得金額の算出方法は、住民税のページをご覧ください。

※同一生計配偶者には、控除対象配偶者も含みます。

※扶養親族数には、16歳未満の扶養親族(年少扶養親族)も含みます。

所得割が課税されない場合(均等割のみ課税される場合)

上の「均等割と所得割のどちらも課税されない場合」に該当しない場合で、前年中の総所得金額等がつぎの金額以下の場合
  a 同一生計配偶者・扶養親族がいない場合 35万円
  b 同一生計配偶者・扶養親族がいる場合  35万円×(同一生計配偶者+扶養親族数+1)+32万円

総所得金額等とは、合計所得金額から、繰り越すことが認められている損失額を差し引いた金額のことです。

※同一生計配偶者には、控除対象配偶者も含みます。

※扶養親族数には、16歳未満の扶養親族(年少扶養親族)も含みます。

住民税のかからない所得には、おもにつぎのようなものがあります。

  • 障害年金や遺族が受ける恩給や年金
  • 雇用保険の失業給付
  • 職業訓練受講給付金(※訓練生活支援給付金は課税対象になります)
  • 生活保護の給付
  • 通勤手当のうち月額15万円まで
  • 相続、贈与などによって取得した資産(※相続税や贈与税の対象になります)
  • 児童手当(※児童育成手当は課税対象になります)
  • 出産手当金
  • 育児休業給付金
  • 傷病手当金

お問い合わせ

区民部 税務課 区税個人係 電話 03-5984-4537(直通)

この担当課にメールを送る(新しいウィンドウを開きます)新規ウィンドウで開きます。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

非課税となる基準

このページを見ている人はこんなページも見ています

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区Nerima city office

所在地:〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)

法人番号:3000020131202

練馬区 法人番号:3000020131202

© 2018 Nerima City.
フッターここまで
ページ上部へ