このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

よりどりみどりねりま

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

風しんに注意しましょう

現在のページ
  1. トップページ
  2. 保健・福祉
  3. 保健
  4. 感染症
  5. 風しんに注意しましょう

ページ番号:722-356-024

更新日:2019年1月21日

 風しんは、風しんウイルスによる強い感染のある感染症です。
 今年1月第2週(平成31年1月7日から1月13日)までに都内で42人(平成30年 947人)の感染者の届け出があり、練馬区でも複数の発生が報告されています。20歳代から50歳代で予防接種歴なしまたは不明の男性からの報告が増加しています。特に30歳代から50歳代の男性においては、風しんの抗体価が低い方が2割程度存在していることが分かっています。
 身近に妊娠中や妊娠の可能性がある女性のいる方で、風しんにかかったことがなく、風しんの予防接種を受けていない方は、特に注意が必要です。

風しんとは

 風しんは、風しんウイルスによる強い感染のある感染症です。
 感染すると約2週間から3週間後に発熱や発しん、リンパ節の腫れなどの症状が現れます。風しんの症状は子どもでは比較的軽いのですが、まれに脳炎、血小板減少性紫斑病などの合併症が発生することがあります。また、大人がかかると、発熱や発しんの期間が子どもに比べて長く、関節痛がひどいことが多いとされています。
 周囲へ感染させる期間は、発しんの出現する前後の1週間程度と言われています。妊娠初期に風しんにかかると、母親から胎児へ胎盤を介して感染し、先天性風しん症候群を起こすことがあります。
 発熱や発疹、リンパ節の腫れなどの症状が出て、風しんが疑われる場合は、事前に医療機関にそのことを電話連絡してから受診してください。

風しんの予防について

 風しんは飛沫により感染することから、外出後は手洗いをしっかり行いましょう。
 また、予防には予防接種が有効です。
 特に妊娠中の方の同居者や、10歳代後半から40歳代の女性(妊娠を希望する方または妊娠する可能性の高い方)は、予防接種歴をご確認ください。

            風しんの予防接種について

            2月1日から大人の風しん抗体検査および予防接種の費用助成の対象を拡大します。

            費用助成などについて詳しくは、以下のリンク先をご覧ください。

            関連情報

            お問い合わせ

            健康部 保健予防課 予防係  組織詳細へ
            電話:03-5984-2484(直通)  ファクス:03-5984-1211
            この担当課にメールを送る(新しいウィンドウを開きます)

            本文ここまで

            サブナビゲーションここから

            注目情報

            情報が見つからないときは

            サブナビゲーションここまで

            以下フッターです。

            練馬区Nerima city office

            よりどりみどりねりま

            所在地:〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)

            法人番号:3000020131202

            練馬区 法人番号:3000020131202

            © 2018 Nerima City.
            フッターここまで
            ページ上部へ