このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

がいこくのひとむけ

手続き案内サービス・リアルタイム窓口混雑情報

みどり・緑化

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

ひとり親家庭高等職業訓練促進等給付金

現在のページ
  1. トップページ
  2. くらし・手続き
  3. 人権・男女共同参画・その他福祉
  4. ひとり親家庭
  5. ひとり親家庭高等職業訓練促進等給付金

ページ番号:661-185-396

更新日:2021年10月1日

 就労に結びつきやすい資格を取得するために養成機関で受講する際、その受講期間(上限あり)中に促進給付金(月額14万円)を支給します。さらに修了した方には修了支援給付金(5万円または2万5千円)を支給します。対象は、20歳未満の子どもを扶養しているひとり親家庭の父または母です。

対象資格の拡充や、支給に必要な受講期間の緩和をしています

 対象資格の拡充や受講期間の緩和の措置を令和4年度も継続して実施します(当初は令和3年度限りの措置)。従来の対象資格(下記対象資格の(1)~(15))に加え、受講期間が6か月以上のデジタル分野等の民間資格も対象となります。

対象

練馬区内に住所を有し、20歳未満の子どもを扶養しているひとり親家庭の父または母で、つぎのすべてに当てはまる方
(1)児童扶養手当の支給を受けているか、同様の所得水準にあること
(2)養成機関において1年以上の課程を受講し、対象資格の取得が見込まれること
 ※受講期間の緩和措置により、6か月以上の課程を受講するものが対象となります。
(3)過去にこの高等職業訓練促進給付金の給付を受けたことがないこと
(4)求職者支援制度における職業訓練受講給付金や雇用保険法第24条に定める訓練延長給付等、高等職業訓練促進給付金等事業と趣旨を同じくする給付を受けていないこと
(5)原則、通学またはオンライン(インターネット環境を利用し、同時かつ双方向に行われるもの)で受講すること
※既に就労している方が対象資格の取得を目指す場合は、通信制も対象とします。
(6)練馬区暴力団排除条例に規定する暴力団関係者でないこと

対象資格

対象資格の拡充により、(16)~(20)の資格も対象となります。
受講期間の緩和措置により、必要な受講期間が1年以上から6か月以上になります。
(1)看護師
(2)准看護師
(3)介護福祉士
(4)保育士
(5)理学療法士
(6)作業療法士
(7)保健師
(8)助産師
(9)理容師
(10)美容師
(11)歯科衛生士
(12)鍼灸マッサージ師
(13)社会福祉士
(14)製菓衛生師
(15)調理師
(16)シスコシステムズ認定資格
(17)LPI認定資格
(18)専門実践教育訓練給付のうち、受講期間が6か月以上の資格
(19)特定一般教育訓練給付のうち、受講期間が6か月以上の資格
(20)一般教育訓練給付のうち、受講期間が6か月以上かつ情報関係の資格

※(18)~(20)の資格について詳しくは以下の「ひとり親家庭高等職業訓練促進等給付金の対象資格の範囲」をご覧ください。

また、(18)~(20)の養成機関は「教育訓練給付制度 厚生労働大臣指定教育訓練講座 検索システム」で検索できます。
システムに希望の養成機関および講座がない場合はお問い合わせください。

「教育訓練給付制度 厚生労働大臣指定教育訓練講座 検索システム」
 https://www.kyufu.mhlw.go.jp/kensaku/SSR/SSR101Scr01S/SSR101Scr01SInit.form(外部サイト)新規ウィンドウで開きます。

支給額

(1)高等職業訓練促進給付金
   月額140,000円
   ※申請月からの支給となります。

(2)高等職業訓練修了支援給付金
   住民税非課税世帯:50,000円
   住民税課税世帯:25,000円

申請方法

審査があります。支給にあたり、自立支援プログラムを策定します。
必ず事前に管轄の総合福祉事務所相談係またはひとり親家庭支援係までご相談ください。
(受講中の方は、要件により利用できる場合があります。)
※相談や手続きに時間・日数を要しますので、余裕を持ってお越しください。

併用可能な貸付制度(東京都社会福祉協議会)

東京都社会福祉協議会では、つぎの貸付を行っています。
いずれの貸付も、詳しくは東京都ホームページをご覧ください。

ひとり親家庭高等職業訓練促進資金貸付

(1)入学準備金
  高等職業訓練促進給付金の支給を受ける方が対象です。
  (対象費用)養成機関に支払う入学金、教材費等の納付金、参考書、学用品、交通費等に充当する費用
  (貸付額) 50万円以内
(2)就職準備金
  高等職業訓練促進給付金の支給を受け、養成機関の課程を修了し、資格を取得した方(修了かつ資格取得日から1年以内に就職した場合に限る。)が対象です。
  (対象費用)就職にあたり必要な費用(転居費用、被服費、通勤に要する費用等)
  (貸付額) 20万円以内

ひとり親家庭住宅支援資金貸付

 児童扶養手当を受給している、または所得が受給相当額の方で、自立支援プログラム新規ウィンドウで開きます。を策定している方を対象に、東京都社会福祉協議会が家賃相当額を貸し付ける事業です。ひとり親家庭高等職業訓練促進給付金を受給される方も、条件を満たせば、対象となります。
 貸付額は上限4万円、12か月間です。条件を満たせば、返済免除となります。
 詳しくは東京都ホームページ(外部サイト)新規ウィンドウで開きます。をご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

管轄の総合福祉事務所(相談係)

または
生活福祉課ひとり親家庭支援係(本庁舎10階)
電話 03-5984-1319
(月曜から金曜:午前8時30分から午後5時15分まで)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

このページを見ている人はこんなページも見ています

情報が見つからないときは

フッターここまで
ページトップへ