このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

がいこくのひとむけ

手続き案内サービス・リアルタイム窓口混雑情報

みどり・緑化

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

6月

現在のページ
  1. トップページ
  2. 区政情報
  3. ご意見・ご要望
  4. 寄せられた声の紹介
  5. 寄せられた声と回答の紹介 令和元年度
  6. 6月

ページ番号:933-601-751

更新日:2019年7月30日

区に寄せられたご意見・ご要望にお答えします(6月分)
回答日 受付件名 受付の要旨 回答の要旨 担当組織
令和元年6月6日 学童クラブの校内設置について 子どもが通っている小学校の校内に、学童クラブを設置してほしい。この地域の学童クラブは、学校から子どもの足でも10分以上かかる。道中は交通量が多く危険だ。最近は、子どもたちが巻き込まれる事件や事故も多い。校内に学童クラブがあれば、リスクが減らせる。今の体制だと、事件や事故が起きたときに、区の責任が問われると思う。 入学後、子どもが慣れるまでの一定期間、学童クラブ支援員が学校までお迎えに行きます。帰宅の際は、帰る方向が同じ子どもたちが集団で帰宅するよう指導しています。学童クラブでは、交通安全について指導していますが、ご家庭でもお子様との話し合いをお願いいたします。区では、全小学校において学童クラブを校内設置する方針で、取り組んでいます。お子様が通っている学校でも、学校運営への影響を最小限にしながら、学童クラブ室となる教室を確保するため、学校と協議を進めています。 こども家庭部
子育て支援課

こども家庭部
子ども施策企画課
令和元年6月26日 保育園の指数調整について 第一子を認可保育園に通わせている。第二子について考えているところだが、きょうだいで同じ園に通わせたい。区の入園調整では、希望園にきょうだいが通っている場合、調整指数が同じ場合には優先される。しかし、他区では、同様の場合に、2点の加点をしているところもある。送り迎えや行事等を考えると、きょうだいで他の保育園に通わせるのは非効率だ。きょうだいによる加点方式を検討してほしい。 区もきょうだいで同園に入園できない方がいる現状を望ましいとは考えていません。しかし、未だに入園に至っていないご世帯もあるため、利用調整をしています。きょうだいの在園を理由に加点を行うと、きょうだいのいないお子さんが不利となります。このため、加点ではなく、調整指数が同じ場合に、きょうだいが同園で通園できる方を優先する制度としています。 こども家庭部
保育課
令和元年6月28日 庁舎内でのアトリウムミニステージの広報について 区役所内でアトリウムミニステージの日時が広報されているが、内容についての表示がない。ホームページを見ないと内容が分からないのは、少々不親切である。 これまで、アトリウム1階と2階のモニターでは開催日時のみを掲載していましたが、皆様が楽しみにしているイベントですので、出演者名と演奏楽器も掲載することにしました。 総務部
総務課

地域文化部
文化・生涯学習課

お問い合わせ

区長室 広聴広報課 広聴担当係  組織詳細へ
電話:03-5984-4501(直通)  ファクス:03-3993-4106
この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

このページを見ている人はこんなページも見ています

情報が見つからないときは

フッターここまで
ページトップへ