このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

がいこくのひとむけ

手続き案内サービス・リアルタイム窓口混雑情報

みどり・緑化

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

プロジェクトメンバー紹介 パティスリープラネッツ 山本光二

ページ番号:716-340-556

更新日:2022年10月4日

店舗情報

2001年創業、大泉学園通り沿いに店舗を構えるパティスリープラネッツは、食べる人を笑顔に、そして幸せにするために、材料にこだわり、手間を惜しまず、常に進化したお菓子を作り続けています。

  • 住所:東京都練馬区大泉学園町5丁目8番20号 1階
  • 電話:03-5933-1233
  • 営業時間:午前10時から午後6時
  • 定休日:第三火曜日、毎週水曜日

店舗の前に広がるキャベツ畑にちなんだ「キャベツ畑のシュークリーム」は、ねりコレにも認定。

明るい店内に並ぶ美しいケーキや焼菓子は、どれも目を惹かれます。

商品情報

プラネッツモンブラン

常に新しい商品を生み出しているパティスリープラネッツですが、こちらのモンブランは、オープン当初から店頭に並ぶ人気商品。「国産栗のマロンクリーム×生クリーム×カスタード」の絶妙な組み合わせの中には、渋皮つきの栗が入っており、旬の「栗」を楽しめる大満足の一品です。

シュークリーム
午後には売り切れてしまうほどの、大人気モンブラン。

米粉サブレ〈和三盆〉

米粉と和三盆・フランス産ゲランド塩を使用したこちらのサブレも、人気商品のひとつ。オンラインショップでは、北海道から沖縄まで、全国から注文が入るのだそう。口の中に広がる優しい甘さと、ほろほろとした食感がやみつきになり、何個でも食べたくなってしまうお味です。

モンブラン
口の中で溶けてゆく食感がたまりません。

メンバー情報

子どものころから、料理が好きだったという山本光二さん。自分が作ったごはんを、家族が「美味しい」と食べてくれるたびに、もっとたくさんの人に食べてもらいたいと思うようになり、料理人を目指したそうです。
その夢を叶え、フランス料理店で働くなかで、デザートの魅力に惹きつけられ、デザートの世界をもっと勉強したいと、フランスに渡って修行を積みました。帰国後、縁があって大泉学園に店舗を構え早20年。「お客様がケーキを選んでいる表情を見るのが楽しい」と、山本さんは話します。
お客様の笑顔のために、山本さんのお菓子作りは、材料選びから製造まで、どの作業をとっても、一切妥協を許しません。「こだわっていない作業はない。」これこそが、山本さんのこだわりです。
「お菓子づくり」を通して、大泉の特産や魅力をどれだけ表現できるか、もっと模索していきたいと、今後の想いを語ってくれました。

「食」を大事にする山本さん。マダムの紋子さんによると、日常の思い出はほぼすべて、その場で食べた「食事」と結びついているのだとか。

お問い合わせ

地域文化部 協働推進課 協働事業担当係  組織詳細へ
電話:03-5984-1614(直通)  ファクス:03-5984-1902
この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

このページを見ている人はこんなページも見ています

情報が見つからないときは

フッターここまで
ページトップへ