このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

がいこくのひとむけ

手続き案内サービス・リアルタイム窓口混雑情報

みどり・緑化

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

プロジェクトメンバー紹介  中田家(ナカタヤ) 中田亘伯留

ページ番号:635-582-954

更新日:2022年9月23日

店舗情報

1959年創業、大泉学園町7丁目に店舗を構える、赤い軒先テントが目印のお洒落な老舗洋菓子店です。地域とともに、人とともに成長し、発展してきたというお店は、半世紀以上4世代にわたって愛されています。

  • 住所:東京都練馬区大泉学園町7丁目19番11号
  • 電話:03-3924-8102
  • 営業時間:午前10時30分から午後6時
  • 定休日:木曜日

店舗の外観。赤い軒先テントが目印です。

たくさんのケーキや焼き菓子、パンなどが並ぶ店内。

商品情報

スぺシャルショートケーキ

中田家の人気No.1は、「スぺシャルショートケーキ」。
なんと、通常のショートケーキの2倍もの生クリームと苺を使用。選び抜いた素材を使用した生クリームは、重すぎず優しい甘みで、大きなケーキでもペロリと食べられちゃいます。
シンプルだからこそ、こだわりが感じられる自慢の一品。特別な日に食べたい、まさにスペシャルなケーキです!

大泉ポルポロン

もう一品ご紹介するのは、地域の伝統を受け継いだ「大泉ポルポロン」です。
スペインでは「幸福が訪れる」と言われている伝統的なお菓子。コロンと小さくて可愛らしく、口の中でほろほろと崩れる不思議な食感が特徴です。
こちらは2020年に惜しまれながらも閉店した甘味処「華樓(ガロ)」の人気商品「ポルポローネ」のレシピを受け継いだもの。地域でのつながりで生まれた逸品です。

メンバー情報

二代目社長の中田亘伯留さんは、気さくで優しい笑顔が素敵なプロジェクトメンバーです。
かつてフランスで修業をしたという中田さん、でも実は……「あんこ」好きなのだそう!
中田家のパンとあわ家惣兵衛のあんこのコラボで生まれた「塩パンあんバター」が、あわ家惣兵衛で販売されているとのことです。
もちろん、洋菓子も大好きな中田さん。自慢の生クリームは自分でもたくさん食べてしまうと、お茶目に語っていました。
先代の中田清さんが、中板橋で卸売業とじて始めたという中田家。その後、所沢を経て大泉学園に洋菓子店としてお店を構え、半世紀以上にわたり愛され続けています。
店舗の二階はカフェスペースとなっています。乙女心をくすぐるようなアンティークな空間は、ドラマ等の撮影でも数多く使われています。
直近では、「仮面ライダー リバイス」の撮影シーンが今年8月に放映され、多くのファンの聖地になっているとか。
(注釈)現在、カフェ営業はお休み中ですが、開店中はいつでも見学が可能です。写真の中で、中田さんが座っている場所が、撮影で使われた席です。


笑顔が素敵な中田さん。仮面ライダー リバイスでも使われた席です。

お問い合わせ

地域文化部 協働推進課 協働事業担当係  組織詳細へ
電話:03-5984-1614(直通)  ファクス:03-5984-1902
この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

フッターここまで
ページトップへ