このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

がいこくのひとむけ

手続き案内サービス・リアルタイム窓口混雑情報

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

練馬大根ダイジェスト(1997年10月13日~10月31日)

現在のページ
  1. トップページ
  2. 観光・催し
  3. ねりまの案内
  4. ねりまの風景
  5. よみがえれ練馬大根
  6. 練馬大根生育記録(1997年)
  7. 練馬大根ダイジェスト(1997年10月13日~10月31日)

ページ番号:997-137-055

更新日:2010年2月1日

このページは、「平成9年度練馬大根育成事業」の生産委託農家のひとつである、大泉地区の関口 康則さん宅に取材した模様を、10日間前後を目安にダイジェストにまとめたものです。

第4回

10月13日(40日目)から10月31日(58日目)まで

10月13日(月曜)晴種まきから40日目

取材時刻 午前8時

秋本番

 種まきからちょうど40日。おだやかな秋晴れの日々が続いています。今朝8時の気温は日で11度、ひなたで14度でした。

今朝の大根畑の様子です。

3日間取材をお休みしたせいか、見違えるような成長ぶりです。

上部が欠けてしまいましたが、葉の一番高いところで、25.5センチメートルです。

奥側に見えるのが、練馬大根より5日前に種をまいた青首大根で、手前が練馬大根。上に伸びる青首大根と、横に広がる練馬大根の違いがよくわかります。

10月14日(火曜)晴種まきから41日目

取材時刻 午前8時

気持ちのいい秋の朝

 秋晴れが続き、気持ちの良い朝です。
白石さんから「練馬大根だより第4号」が届きました。そちらもぜひ、ご覧ください。

今朝の大根畑の様子です。

秋の陽射しをいっぱいに浴びて、葉の緑がどんどん濃くなっています。

横からの姿。もうすぐ大根の部分が見えてくるかも知れません。

10月15日(水曜)晴 種まきから42日目

取材時刻 午前8時

練馬大根は元気です。

 秋真っ盛りでおだやかな気持ちの良い朝が続いています。
ご覧のように練馬大根は元気に育っています。練馬大根の特徴を見るために、種まきから42日目の青首大根の様子を掲載します。
 練馬大根が90日は必要なのに対して、60日ほどで収穫が可能な青首大根だけに、40日前後には根が大きく地表に表れています。

今朝の大根畑の様子です。

いつもの練馬大根を上から見た様子です。

横からの姿。まだ、根の部分は見えません。

同じく42日目の青首大根。既にこんなに根が地表に現れています。

10月16日(木曜)晴 種まきから43日目

取材時刻 午前8時

練馬大根の赤ちゃんを見つけました。

 晴天が続いて練馬大根も日一日と大きくなっています。
今日は、地表に少しだけ顔を出し始めた練馬大根を見つけました。

10月16日の画像1

 ところで、採りたて練馬大根の無料配布日が決まりました。詳しくは「練馬大根無料配布案内」をご覧ください。

 なお、取材を続けている関口さんのところの練馬大根は、無料配布の対象ではありません。

今朝の大根畑の様子です。

好天が続いており、いつもの練馬大根もすくすくと育っています。

いつもの練馬大根の根は、まだ見えません。

10月17日(金曜)晴 種まきから44日目

取材時刻 午前8時

久しぶりの曇り空

 ずいぶん長く続いた秋晴れも、今朝は空一面白い雲。
でも、大きくくずれることはなさそうです。

今朝の大根畑の様子です。

いつもの練馬大根。

来週あたりには、根の部分が見えるようになるかも知れません。

お詫び
 10月18日(土曜)と10月19日(日曜)の2日間は取材を休ませていただきます。

10月27日(月曜)晴 種まきから54日目

取材時刻 午前8時

今日から取材を再開します。

 ちょうど10日間、練馬大根の取材をお休みしてしまい申し訳ありませんでした。
この間、雨は一滴も降らず記録的な少雨の秋となりそうです。

 この間に、白石さんから「練馬大根だより第5号」が届きました。そちらもぜひ、ご覧ください。

今朝の大根畑の様子です。

久しぶりに訪れた大根畑は、葉が生い茂り足の踏み場がないくらい。

よく見ると、白い首が見えています。青首大根は地表に大きく出て根も青いのですが、練馬大根は根の大部分が地中に埋まったままで育ちます。

10月28日(火曜)晴 種まきから55日目

取材時刻 午前8時

朝晩めっきり寒くなりました。

 本当に雨が降らない秋です。平年の10%程度の雨量だとか・・・・・。
関口さんにお訊ねしたところ、そもそも大根は雨の少なさには強いそうです。

今朝の大根畑の様子です。

大根畑一面濃い緑色の葉が覆い、葉の下の様子は上からではまったく見えません。

葉をかきわけ根元をよく見ると、白い首が見えています。今日現在で、首が見えるものと見えないものとの比率は丁度半々ぐらいです。

10月29日(水曜)晴 種まきから56日目

取材時刻 午前8時

練馬大根と青首大根ではこんなに違う。

 今日は、練馬大根と青首大根の違いに注目してみました。

今朝の大根畑の様子です。

練馬大根の葉を上から撮影したもの。

青首大根の葉を上から撮影したもの。

ご覧のように、上からでは違いがわかりにくいけど・・・・・

根元をよく見ると、白い首がほんのちょっとだけ見えるのが練馬大根。

青首大根は、大きく地表に根の部分を出し、しかも首が青くなっている。

横から見ると、その違いは一目瞭然。葉も練馬大根は横に広がっているのに対し、青首大根は空に向かっています。

根の部分が地中にもぐったままの練馬大根。

青首大根は、練馬大根に比べて1ケ月程早く出荷できます。

10月30日(木曜)晴 種まきから57日目

取材時刻 午前8時

練馬大根は元気です。

 練馬大根は、元気にスクスクと育っています。ご覧のように、大根畑は葉が一面を覆い足の踏み場もないほどです。

今朝の大根畑の様子です。

いつもの練馬大根・・・・・と言っても、上から見えるのは葉ばかり。

ちょっとだけ見える白い首が、少しずつ太くなっているように思えます。

10月31日(金曜)曇 種まきから58日目

取材時刻 午前8時

明日から11月。季節は晩秋から初冬へ。

 練馬大根の取材を始めた9月4日は暑さが残る夏の終り。台風と雨にたたられた前半、一転して雨がほとんど降らない後半でした。
 そんな中、同時期に種をまいた青首大根は収穫の時期を迎えています。
(収穫までの期間が練馬大根が90日ほどなのに対し、青首大根は60日ほどです。)

今朝の大根畑の様子です。

いつもの練馬大根。

横からの姿。

収穫した青首大根。まあまあの出来だそうです。

お問い合わせ

都市農業担当部 都市農業課 農業振興係  組織詳細へ
電話:03-5984-1403(直通)  ファクス:03-3993-1451
この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

このページを見ている人はこんなページも見ています

情報が見つからないときは

フッターここまで
ページトップへ