このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

手続き案内サービス・リアルタイム窓口混雑情報

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

地区区民館

新型コロナウイルスの感染拡大に対応するため、内閣総理大臣は1月7日、東京都を含む1都3県を対象に、1月8日から2月7日までを期間とする緊急事態宣言を発出しました。これを受け都知事は同日、都民の外出自粛要請や飲食店等における営業時間の短縮要請等を内容とする緊急事態措置を発表しました。
区は、緊急事態宣言、緊急事態措置を踏まえ、1月12日から地区区民館の運営方法を以下のとおり変更いたします。


各部屋の貸出時間を19時30分までとします。
各部屋の利用人数を定員の50%までとします。
飲食を伴う懇親会などの利用はできません。


また、以下の「感染予防のための利用ルール」について、引き続きご協力をお願いします。


【地区区民館 感染予防のための利用ルール】

○利用者の皆様には、来館前に検温、手洗いを済ませていただき、発熱、頭痛、せき、のどの痛み、嗅覚・味覚の違和感、倦怠感などの症状がある場合は、来館はご遠慮ください。

○館内では、マスクの着用、入口での手指消毒、トイレでのせっけんによる手洗いの励行、使用した備品類の消毒、部屋の換気・清掃、立ち話をしないなどにご協力ください。

○感染リスクが高いと考えられる、室内でのスポーツ、合唱、カラオケ等で利用される方は、感染予防を徹底してください。

○利用団体代表者の方は、当日の利用メンバーおよび連絡先の把握をお願いいたします。個人でご利用の方は、連絡先等の提供にご協力ください。

○室内では、他の方との間隔を空けて、一定時間ごと(30分~1時間程度)に換気を行う、または窓が無い場合は扉の開放などにご協力ください。

○敬老風呂は、休止いたします。


※地区区民館では、利用者の皆様が触れるドアノブ、手すり、照明スイッチ、エレベーターのボタン、ロビーの椅子などを消毒する(1日2回)とともに、各部屋の換気を適時実施します。また、職員のマスク着用、窓口へのクリアシートの設置を行います。
※国・東京都の感染予防対策に変化が見られた際など、必要に応じて見直しを行います。見直し内容は、決定しだいホームページ等でご案内させていただきますので、適宜ご確認ください。
※新型コロナウイルス感染症を理由とする施設利用のキャンセルについては、2月28日分まで使用料を全額免除します。

地区区民館とは

地域の皆さんがお互いに交流し、自主的に活動できる場を提供し、活力ある地域づくりに寄与することを目的として、地区区民館が設置されています。
地区区民館では、地域住民や利用団体で構成される運営委員会や運営協議会が区の委託を受け、区と協働で施設の管理運営や各種事業を行っています。
皆さんのご利用をお待ちしていますので、ぜひ足をお運びください。

利用について

部屋の利用はこちらをご覧ください。(会議室などの利用)、(地域集会施設団体登録新規ウィンドウで開きます。)(団体登録以外の団体・個人

個人利用はこちらをご覧ください。(敬老・児童開放事業新規ウィンドウで開きます。)、(地区区民館にこにこ新規ウィンドウで開きます。)、(地区区民館ぴよぴよ

使用料の支払い方法はこちらをご覧ください。(地区区民館・地域集会所 使用料の支払方法について

特別施設について

旭町南地区区民館 トレーニング室、体育室、プールはこちらをご覧ください。(旭町南地区区民館 特別施設のご案内新規ウィンドウで開きます。

光が丘地区区民館 音楽スタジオはこちらをご覧ください。(光が丘地区区民館 特別施設のご案内新規ウィンドウで開きます。

各施設の催しについて

こちらをご覧ください。(各施設の催し新規ウィンドウで開きます。

地区区民館一覧

地区区民館マップ

地区区民館マップ

利用者アンケート結果

令和2年1月に実施した利用者アンケートの集計結果を公表します。アンケートへのご協力ありがとうございました。
今後も、いただいたご意見を参考に、施設運営の一層の充実を図り、皆様に満足してご利用いただける施設を目指してまいります。

各施設等の案内について

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

フッターここまで
ページトップへ