このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

がいこくのひとむけ

手続き案内サービス・リアルタイム窓口混雑情報

みどり・緑化

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

貫井・富士見台地区のまちづくり

現在のページ
  1. トップページ
  2. 区政情報
  3. まちづくり・都市計画
  4. 各地域ごとのまちづくり
  5. 貫井・富士見台地区のまちづくり

ページ番号:313-709-970

更新日:2022年4月22日

貫井・富士見台地区は西武池袋線富士見台駅を中心に広がる住宅市街地で、鉄道による都心へのアクセスも良好な場所に立地しており、駅周辺には日用品を取り扱う商店や飲食店等により商店街が形成される、生活利便性の高い地域です。
しかしながら、急速に市街化が進んだことによって、道路・公園などの都市基盤の整備が十分でなく、老朽化の進んだ木造住宅が密集するなどの大きな課題を抱えており、改善が望まれている地域でもあります。
こうした課題の改善に向けて「災害に強く、安全・安心で住みよいまちの実現」を目標に掲げ、地域の皆さまの声を聞かせていただきながら、平成23年度より「密集住宅市街地整備促進事業」を活用したまちづくりを進めています。
今後も、地域の皆さまと連携を取りながら、目標とするまちの実現に向けて取り組んでまいります。

練馬区では、重点的かつ積極的に特定の地区のまちづくりを進めようとする際、練馬区まちづくり条例に基づいて「重点地区まちづくり計画」を策定し、地域の皆さまと協力してまちづくりを行っています。
貫井・富士見台地区における「重点地区まちづくり計画」として、平成23年に「貫井・富士見台地区まちづくり計画」を策定しました。

新着情報

富士見台三・四丁目環八南地区を対象としたまちづくりに関するアンケート調査の結果

令和3年11月に、富士見台三・四丁目環八南地区(富士見台三丁目・四丁目、貫井三丁目・四丁目の各一部)にお住まいの方および土地・建物をお持ちの方を対象に、まちづくりに関するアンケート調査を実施しました。ご協力いただきありがとうございました。
「富士見台三・四丁目環八南地区まちづくり通信特別号2」にアンケート調査の結果を掲載しています。

貫井・富士見台地区まちづくり通信第22号を発行しました

公園用地を募集しています

当地区は老朽木造住宅が密集しており、狭い道路が多いほか、区内でも特に公園・緑地が少ない地域のひとつとなっています。
この状況を改善し、防災性の向上を目的とした公園・緑地を整備するため、区に土地を売却する意向のある方からの用地情報を募集しています。
詳しくは下記お問い合わせ先までご連絡ください。

貫井・富士見台地区まちづくり通信

当地区では、まちづくりの状況を地域の皆さまにお知らせするために、貫井・富士見台地区まちづくり通信等を発行しています。

旧耐震住宅の解体・建替え工事費用の助成制度(貫井・富士見台地区)

密集住宅市街地整備促進事業を実施している貫井・富士見台地区では、老朽木造住宅の更新を促し、震災時における建物の倒壊を防ぎ、火事が燃え広がらないまちにするため、旧耐震基準で建てられた住宅の解体費用・建替え工事の費用を助成しています。

富士見台駅北部地区地区計画および新たな防火規制

貫井・富士見台地区における「災害に強く、安全・安心で住みよいまちの実現」へ向けた取組の一環として、富士見台駅北部地区地区計画および新たな防火規制を決定しました。また、地区計画の決定にあわせて、地域地区(用途地域、特別用途地区、高度地区、防火地域及び準防火地域)の一部を変更しました。

都市計画の決定・変更の詳細については、下記のリンクよりご確認ください。

地区計画のパンフレットについては、下記のリンクより、地区計画番号38番をご参照ください。

新たな防火規制の詳細については、下記のリンクよりご確認ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

都市整備部 防災まちづくり課 防災まちづくり担当係  組織詳細へ
電話:03-5984-1429  ファクス:03-5984-1225

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

フッターここまで
ページトップへ