このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

がいこくのひとむけ

手続き案内サービス・リアルタイム窓口混雑情報

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

青少年委員

現在のページ
  1. トップページ
  2. 子育て・教育
  3. 教育
  4. 青少年向け
  5. 青少年委員

青少年委員とは

青少年委員は区立小学校65校の通学区域ごとに、学校長の推薦によって選出される非常勤の公務員で、区長から委嘱されています。
小、中学校校長会からの代表者各1名を加えた計67名で構成されます。
主として、ジュニアリーダーの養成、地域の子ども会事業、青少年の各種グループの育成などに携わっているほか、地域懇談会を開催するなど、地域・学校・区をはじめ、委員相互の連携を図っています。

 ジュニアリーダー養成講習会についてお知らせ(受講生および保護者の方へ)

 

 今後の講習会につきましては、予定どおり実施いたします。集合時間や場所等に変更が生じた場合には、別途連絡いたします。
 また、新型コロナウイルス感染症の状況等によっては、講習会自体を再度延期もしくは中止とする場合もありますので、その場合は改めてホームページ等でご案内いたします。ご了承ください。

活動報告

【中級】ジュニアリーダー養成講習会

青少年委員会では、ジュニアリーダー養成講習会を行っています。
この講習会は、小学5年生から中学3年生までを対象に、地域におけるグループ活動や子ども会活動において中心的役割を担うジュニアリーダーを育成することを目的としています。
今期は5月16日に小学生対象の初級と中学生対象の中級のグループに分かれ、青少年委員や青年リーダーも参加し開講式を行いました。
これから12月の閉講式まで、毎月1回程度講習が行われます。


中級では感染防止のため、午前と午後に分かれて開講式を開催しました。


除菌・消毒対策もしっかり行いました。

開講式のあとはお楽しみの「青年リーダー」によるレクリエーションゲームで楽しみました!


第2回目の講習は、班ごとにコンパスを使って光が丘公園を探索しました。

   途中では問題などもみんなでクリアしながら楽しみました。

第2回目の講習会は、各班に分かれて白地図に付箋を貼り、
自分たちで練馬の地図を作ろうという講習でした。

学校や駅などの施設の場所以外にも、お店や思い出の場所などが追加された、
世界で一つの練馬の地図ができました!

班ごとに作った地図を発表、知らない練馬を知ることができました。
次回の講習会も楽しみです!

コロナに負けない!豊玉・開進地区のジュニアリーダー養成講習会の活動報告

 緊急事態宣言期間の延長で、4月予定の開講式が5月に延期されました。
その後スケジュールを見直し、講習会の順序を入れ替え(第4回を3回目に、第3回を8月に開催)、安全面を充分に検討したうえで、万全の体制で楽しく講習会を開催しています。
 コロナ禍にあって、人と人との絆がとても大切な時代となりました。講習会を通じて仲間を思いやる心、絆を結びつけるリーダーシップを育んでほしいと願っています。

5月16日、開講式。開講前の委員の打合せ。場所は、区役所地下多目的会議室。
安全面に配慮し、楽しい半日になるようしっかり点検します。


青年リーダーのお話。緊張している受講生の心に響く言葉を残せました。

1班から6班まで、初めて顔を合わせる子供たちが、12月までの講習会を通じて仲間になっていきます。
みんなで作る班旗づくりは、その大切な第一歩。

第2回、6月13日の講習会のテーマは、「仲間づくり」。新しい仲間たちと練馬を歩きます。
写真は、第2チェックポイント「白山神社」。


平成つつじ公園では、大縄に挑戦です。

第3回の講習会の開催は、7月11日。「練馬を知る」というテーマで、
明治期創業の「昔みそ糀屋三郎右衛門」の第七代目を招いて味噌づくり体験です。

味噌づくり体験をスケジュール通りにするには、下準備が大切です。
家庭科室をお借りして、大豆を煮て、計量しておきます。

ジップロックに大豆と糀を入れて混ぜ合わせ、すりつぶします。
受講生はみんな無言で作業に熱中。

委員もしっかり体験しました。約半年後には、自分のオリジナルの
おいしい味噌が食べられるでしょう。

味噌づくり体験の後は、レク!
思い切り体を動かしました。

昨年度の活動については上記のページをご参照ください。

青少年委員会の活動

ジュニアリーダー養成講習会とは、仲間作りのリーダーとして、地域における様々な活動において中心的な役割を担う青少年(ジュニアリーダー)を育成する事業で、練馬区青少年委員会が練馬区から受託しています。
講習会を終了した受講生は「青年リーダー(受講生の指導の一環を担う高校生・大学生のボランティア)」として活動する他、「子ども会事業」に参加して運営の手伝いをするなど、地域のリーダーとして活躍しています。

子ども会事業とは、主に小学校を対象とした余暇活動の指導および地域の青少年団体活動の促進を目的とした事業です。練馬区が青少年委員会に事業を委託し、各青少年委員が担当する小学校区域ごとに地域の実情に合わせて様々な事業を実施しています。当日の運営や企画・指導などのスタッフとしてジュニアリーダー養成講習会受講生や青年リーダーにもお手伝いしてもらっています。
もちつき大会、夏まつり、昔遊び、スイカ割り、模擬店の出店など、多彩な行事が催されます。
また学校応援団や育成地区委員会等と共同開催という形をとる学校もあります。

各青少年委員の活動地域における小中学校代表、PTA代表、青少年育成地区委員代表等が一堂に介して、青少年委員の活動についての理解を得、また相互の親睦を図ることを目的で年1回開催されます。
地域の家庭教育、社会教育との連携など、その時々の地域や学校で話題になっている事をテーマに情報交換を行っています。

日々子どもたちと接する青少年委員は、子どもとの接し方、野外活動の知識、レクリエーションの知識など、様々な資質が求められます。
青少年委員会では「研修部」を組織して、研修部ではこれらの資質向上のため、各種研修を企画・実施しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

フッターここまで
ページトップへ