このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

がいこくのひとむけ

手続き案内サービス・リアルタイム窓口混雑情報

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

「ながらスマホ」は危険です!

現在のページ
  1. トップページ
  2. くらし・手続き
  3. 住まい・交通・道路
  4. 交通安全
  5. 「ながらスマホ」は危険です!

ページ番号:498-295-586

更新日:2021年9月8日

道路などの公共の場所や公共の交通機関等においてスマートフォンを操作しながら歩いたり、自転車や自動車を運転する、いわゆる「ながらスマホ」は大変に危険です。「ながらスマホ」は画面に集中してしまうため、視野が極端に狭くなり、周囲の事に気づくのが遅れてしまいます。交通事故の原因になるだけでなく、歩行中も他人と衝突して相手に大けがをさせてしまう可能性があります。危険な「ながらスマホ」は止めましょう!

自動車や原動機付自転車

近年、交通事故件数が減少するなか、「ながらスマホ」による交通事故が増加しています。自動車や原動機付自転車は道路交通法違反で、交通違反の取り締まり対象となり、30万円以下(※)の罰金や違反点が課せられることがあります。
※令和元年6月に改正道路交通法が公布され、同年12月1日から、運転中の「ながらスマホ」などに対する罰則が強化されました。

自転車

「ながらスマホ」で自転車を運転するすることは、道路交通法や東京都道路交通規則の違反で、5万円以下の罰金が課せられることがあります。また、悪質行為の一つ(安全運転義務違反)に該当し、3年以内に悪質運転l危険行為を2回以上繰り返すと公安委員会から自転車運転者講習の受講命令を受けることがあります。

歩行者

操作に夢中で周囲に目を配らないと、歩行者や自転車との接触事故や階段・駅のホーム等からの転落事故、道路上への飛び出しによる交通事故等さまざまな事故の原因となります。相手に怪我をさせると、過失傷害罪(30万円以下の罰金又は過料)に問われることがあります。

お問い合わせ

土木部 交通安全課 安全対策係  組織詳細へ
電話:03-5984-1309(直通)  ファクス:03-5984-1237
この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

フッターここまで
ページトップへ