このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

よりどりみどりねりま

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

自宅で避難生活する場合の備え

現在のページ
  1. トップページ
  2. くらし・手続き
  3. 安全・安心
  4. 地震に備える
  5. 自宅で避難生活する場合の備え

ページ番号:776-468-984

更新日:2017年12月10日

 災害時の食べ物は、防災対策のために特別なものを用意するのではなく、できるだけ普段の生活の中に組み込んで、日常的に食べるものを備蓄しましょう。
 ローリングストック法とは、定期的(1ヵ月に1,2度)に食べて、食べた分を買い足し備蓄していく方法です。

災害時に備えた取組み、ご自宅で進んでいますか? ~日常備蓄のススメ!~

備蓄品のポイント

  • 上水(飲料水)や生活用水のことを考えて、"水"の備蓄に取り組みましょう。

 →常に薬を飲用される方は、500ml程度のペットボトルでの水の備蓄がおすすめです。

  • 常温保存できるものや調理が不要な食料を多様に備蓄しましょう。

 →安全確保のために取り組む部屋の片付けで空いたスペースに保管してはいかがでしょうか。

  • 体力や体調の変化に合わせた食料を備蓄しましょう。

 →栄養バランスを考えた食料の備蓄がおすすめです。

  • 嗜好に合わせて長期保存できる食料を備蓄しましょう。

 →食べたことがある物、食べたい物を備蓄しておきましょう。

  • 調理器具としてカセットコンロとガスボンベを備えましょう。

 →温かい食べ物があると、精神的に落ち着くものです。

災害時の食事についてイメージしてみましょう

  • カセットコンロを使って作れる、温かい食べ物を考えてみましょう。
  • 今、冷蔵庫や棚などの中にあるもので、5日分のメニューを考えてみましょう。

下記リンク先も参考にご覧ください。

日頃から準備しておくこと

 自宅で生活する上で必要な食料品や生活必需品を、日頃から備えておくことが需要です。下記に備蓄品の一例を紹介しています。家庭での備蓄品の参考として『防災の手引』の抜粋と併せダウンロードしてご覧ください。


備蓄準備品一例のリーフレット(表面)


防災の手引(表紙)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

危機管理室 区民防災課 防災学習センター  組織詳細へ
電話:03-5997-6471  ファクス:03-5997-6472
この担当課にメールを送る(新しいウィンドウを開きます)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区Nerima city office

よりどりみどりねりま

所在地:〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)

法人番号:3000020131202

練馬区 法人番号:3000020131202

© 2018 Nerima City.
フッターここまで
ページ上部へ