このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

手続き案内サービス・リアルタイム窓口混雑情報

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

育児支援ヘルパー

ページ番号:807-226-980

更新日:2021年2月21日

産前産後の体調不良等により、家事支援を必要とするご家庭に、ヘルパーを派遣します。依頼できる内容は、日常的な食事の支度、衣類の洗濯、居室の掃除、食材・生活必需品の買い物、赤ちゃんの沐浴の補助および健康診断等の付き添い等です。
※令和3年4月から、多胎妊産婦の方を対象に利用料金のさらなる減額等を実施します。すでに利用申請を行っている方は、利用料金等を変更した利用承認書を個別に送付します。

対象

妊娠中からお子さんが2歳になった月の末日まで

利用可能時間

 36時間
 ※「低体重児を出産した方」、「多胎児を出産した方」、「20歳未満で出産した方」等は104時間
 ※令和3年4月から、「多胎児を妊娠中の方」も104時間となります。

派遣時間

月曜から金曜(平日)の午前9時から午後5時まで

利用料金

1時間1,000円
※ 低体重児・多胎児を出産された方、20歳未満で出産された方等は1時間500円
※ 前年度住民税非課税世帯、生活保護受給世帯の方は無料
※当事業では、婚姻歴のないひとり親家庭に対して寡婦(寡夫)控除の「みなし適用」を行っています。詳細については事業担当までご連絡ください。
※令和3年4月から、多胎妊産婦の方は1時間300円となります。

キャンセルについて

 利用予定日の前日(前日が土曜・日曜、祝日、年末年始にあたる場合は、その日以前の平日)の午後5時までに事業者へ直接連絡してください。
※ 利用予定日の前日の午後5時を過ぎた場合、利用料金の1時間分をご負担いいただきます。
※ 事業者に全く連絡せずに利用しなかった場合、1時間当たり2,500円に依頼時間数を乗じた料金をご負担いただきます

申請・手続き方法

郵送で申請する場合

 練馬区育児支援ヘルパー事業利用申請書を本ページ下部からダウンロードし、必要事項を記入のうえ、下記まで120円分の切手を同封して郵送してください。
(郵送先)
〒176-0012
東京都練馬区豊玉北5-28-3
練馬子ども家庭支援センター 育児支援係

メールで申請する場合(令和3年1月から受付開始)

 練馬区育児支援ヘルパー事業利用申請書を本ページ下部からダウンロードし、必要事項を入力のうえ、PDF、Excel形式または利用申請書の写真(スマートフォン等で撮影したもの。余白、手ブレのないようにお願いします。)を添付のうえ、メールの件名に「育児支援ヘルパー利用申請」、本文に「申請者名、電話番号」を入力し、下記アドレスまで送信してください。
(送信先)
KATEISHIEN06@city.nerima.tokyo.jp
※切迫早産・切迫流産、低体重児を出産した方等、利用申請書以外の書類を送信する場合、その書類についてスマートフォン等で撮影した写真の添付も可能です。
※申請書の送信から1週間程度(祝休日を除く)経っても利用承認書等が届かない場合は、ご連絡ください。

申請書のダウンロード

利用の流れ

  1. 練馬子ども家庭支援センターへ「利用申請書」を提出
  2. 練馬子ども家庭支援センターから利用決定した方へ、「利用承認通知書」と「利用のご案内(事業者リスト)」を送付
  3. 事業者リストから事業者を選び、直接電話で申し込む
  4. 事業所のコーディネーターが訪問し、利用日時・内容などを決定
  5. ホームヘルパーの訪問
  6. 事業所へ自己負担額を支払う

事業者一覧

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

練馬子ども家庭支援センター 育児支援係  組織詳細へ
電話:03-5984-5673(直通)  ファクス:03-3993-8215
この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

このページを見ている人はこんなページも見ています

情報が見つからないときは

フッターここまで
ページトップへ