このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

よりどりみどりねりま

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

練馬区における外環に関する動きについて

現在のページ
  1. トップページ
  2. 区政情報
  3. まちづくり・都市計画
  4. 都市計画道路
  5. 区内の都市計画道路
  6. 練馬区における外環に関する動きについて

ページ番号:400-947-327

更新日:2017年4月3日

東京外かく環状道路(関越~東名)(「外環」)について

 外環は、首都圏全体の道路ネットワークの形成と区内の深刻な交通問題の解決に資する重要な道路です。
 現在までに、大泉ジャンクションから三郷南インターチェンジまでの約34キロメートルが供用され、三郷南インターチェンジから高谷ジャンクションまでの約16キロメートルは、事業が実施されています。また、東名高速から湾岸道路までの約20キロメートルについては、予定路線に位置付けられています。
 関越道から東名高速道路までの約16キロメートルについては、平成21年5月に、国土交通大臣が高速自動車国道の整備計画を策定するとともに、国の平成21年度補正予算の成立を受けて事業化されました。

全体計画と幹線道路網図

関越~東名の概要について


出典:国土交通省東京外かく環状国道事務所

練馬区における最近の動き

平成28年6月   国等が、東京外環自動車道(大泉ジャンクション~和光北インターチェンジ付近)にシールドトンネル工事により発生する土砂運搬のためのベルトコンベア設置を公表
平成28年8月   国等が、土地収用法第35条に基づく区分地上権部における立ち入り調査実施を公表
平成29年7月   国および都が、青梅街道インターチェンジ周辺地域において用地説明会を開催

練馬区におけるこれまでの主な経緯

昭和41年7月   都市計画決定(高架方式)
昭和45年10月  建設大臣が、「地元と話し得る条件の整うまでは強行すべきではない」旨の答弁(いわゆる凍結発言)
昭和61年1月   都市計画変更決定(大泉町四丁目~大泉町一丁目埼玉県境)
            (一部幅員の変更、一部構造の変更)
昭和61年5月   建設大臣の施工命令を受け、日本道路公団が建設開始(関越道~常磐自動車道)   
平成6年3月    和光インターチェンジ~関越道間(約2.9km)供用開始
平成11年10月  石原東京都知事が、練馬区内や武蔵野市の現地を視察
平成11年12月  石原都知事が、「地下化を基本として、計画の具体化に取り組む」と所信表明
平成13年4月   国および都が、現計画を地下構造に変更する、「東京外かく環状道路(関越道~東名高速)の計画のたたき台」を公表、その後、説明会を開催
平成13年11月   「練馬区議会外かく環状道路建設促進議員連盟」が発足
平成14年6月   沿線7区市の関係者、地元区市、国および都により、「PI外環沿線協議会」が発足(平成16年までに42回開催)
平成15年3月   国および都が、「東京外かく環状道路(関越道~東名高速間)に関する方針」を公表
平成15年7月   「環境影響評価方法書」の公告・縦覧
平成15年10月  「外環オープンハウス」を区内で初めて開催
平成16年6月   区が、「外環に関する取り組み方針案」を発表

平成16年10月  「PI外環沿線協議会」2年間のとりまとめ
平成17年1月   「PI外環沿線会議」が発足(26回開催)
平成17年7月   国および都が、「意見を聞く会」を区内で開催
平成17年9月   国および都が、「東京外かく環状道路(関越道~東名高速間)についての考え方」を公表
平成17年10月  国および都が、「計画概念図」を公表
平成18年6月   都市計画変更の手続に着手(「都市計画案」および「環境影響評価準備書」の公告・縦覧、説明会を開催)
平成18年10月  沿線6区市による共同声明を行い、国および都に要望書を提出

平成19年1月   都市計画変更案に対する区の意見を、都に提出

平成19年4月   都市計画変更決定(地下方式)
平成19年12月  基本計画決定
平成20年3月   国、都および区が、「大泉ジャンクション周辺地域の課題検討会」を開催(4回開催)
平成21年1月   国および都が、「対応の方針(素案)」を公表
平成21年3月   「対応の方針(素案)」に係る区の要望を、国および都に提出

平成21年4月   国および都が、「対応の方針(素案)」に係る区の要望へ回答

平成21年4月   国および都が、「対応の方針」をとりまとめ

平成21年5月   整備計画決定
           国の平成21年度補正予算の成立を受けて、道路事業として事業化
平成21年10月  国の平成21年度補正予算の執行の見直し
           沿線6区市による要望を、国および都に提出

平成21年12月  国が、「事業の概要及び測量等の実施に関する説明会」を開催
平成22年5月   沿線6区市による要望を、国および都に再び提出

平成22年8月   沿線6区市による要望を、国土交通大臣に手交

平成22年8月   高速自動車国道の区域の決定((仮称)目白通りインターチェンジ部)
平成22年11月  高速自動車国道の区域の追加決定((仮称)目白通りインターチェンジ部)
平成23年1月   国が、「基本設計及び用地に関する説明会」を開催
平成23年10月  国が、「用地買収に係る地権者への説明の会」を開催
平成23年12月  「高速道路のあり方検討有識者委員会」が、「今後の高速道路のあり方 中間とりまとめ」を国土交通大臣に提出
平成24年4月   東日本高速道路株式会社および中日本高速道路株式会社に、有料道路事業に係る国土交通大臣の事業許可
平成24年9月   国、都、東日本高速道路株式会社および中日本高速道路株式会社の主催により、東名ジャンクション(仮称)予定地において、着工式を開催
平成25年8月   東日本高速道路株式会社が、大泉ジャンクション内において、準備工事に着手
平成25年8月   国等が、「道路の立体的区域の決定、道路区域の決定および区分地上権設定に関する説明の場」を開催
平成25年9月   国等が、「大深度地下使用認可申請に向けた東京外かく環状道路(関越~東名)の説明会」を開催
平成25年9月   高速自動車国道の区域の追加決定((仮称)青梅街道インターチェンジ部、立体的道路区域)
平成25年12月  国が、「八の釜憩いの森の保全措置方針」を公表      

平成26年3月   国等が、大深度地下の使用認可、都市計画事業承認および認可を取得
平成26年4月   東日本高速道路株式会および中日本高速道路株式会社が、本線シールドトンネル工事の契約を締結
平成26年7月   国等が、「地中拡幅部の都市計画変更素案説明会」を開催
平成26年8月   国等が土地収用法第35条に基づく立入調査を開始
平成26年8月   国等が、「地中拡幅部に係る関係権利者を対象とした説明の場」を開催
平成26年10月  東日本高速道路株式会社が、大泉ジャンクション立坑工事に着手
平成27年1月   区が、地中拡幅部の都市計画変更案に関する区の意見を、都に提出

平成27年3月   都が都市計画変更決定
           (地中拡幅部について、一部幅員の変更、一部立体的な範囲の変更)
平成27年4月   高速道路株式会社が、東京外かく環状道路本線トンネル工事に伴う家屋調査を開始
平成27年6月   地中拡幅部の都市計画変更決定に伴う都市計画道路事業の承認変更および認可
平成27年11月  外環事業に伴う大泉ジャンクション周辺地区安全対策等連絡会を設置

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

都市整備部 交通企画課 交通企画担当係
電話:03-5984-1328(直通)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区Nerima city office

よりどりみどりねりま

所在地:〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)

法人番号:3000020131202

練馬区 法人番号:3000020131202

© 2018 Nerima City.
フッターここまで
ページ上部へ