このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

がいこくのひとむけ

手続き案内サービス・リアルタイム窓口混雑情報

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

ねりま防災カレッジ食と防災

現在のページ
  1. トップページ
  2. くらし・手続き
  3. 安全・安心
  4. ねりま防災カレッジ
  5. ねりま防災カレッジ食と防災

ページ番号:229-277-659

更新日:2021年2月19日

災害時にライフラインが停止しても、カセットコンロとポリ袋があれば、簡単に美味しく温かい食事を作ることができます。食という視点から防災対策に取り組みませんか。ご自宅にいる時間が多い今、ぜひ、ポリ袋クッキングに挑戦してみましょう。

準備する物

  1. カセットコンロ
  2. カセットボンベ
  3. ポリ袋(高密度ポリエチレン製で厚さ0.01ミリメートル程度)
  4. 湯呑(米と水を計量する)
  5. 皿(鍋より一回り小さい物を用意し、ポリ袋が直接鍋底に触れることを防ぐ)
  6. 水(鍋用と炊飯用)

ポリ袋について

災害時に水が止まった時は汚れ物をなるべく出さない工夫が必要です。日頃からよく使われているポリ袋は、食品を混ぜたり、ほぐしたり、和えたり、こねたりと、いろいろな使い方ができます。ボウルなどの容器を汚さず、食品に素手で触らずに調理できるので衛生的で優れものです。ポリ袋には、電子レンジで加熱できる製品や煮ることができる製品もありますので、食品用なのか加熱処理できるのかを確認して使用しましょう。
透明なビニール袋は熱に弱いため、必ず半透明のポリ袋を使用しましょう。

【参考】ポリ袋の家庭用品品質表示法に基づく表示

  • 高密度ポリエチレン使用
  • 原材料樹脂:ポリエチレン
  • 使用温度:マイナス30℃から100℃
  • 厚さ:0.01ミリメートル

ご飯を炊いてみよう!

ねりま防災カレッジ食と防災は、区民防災組織心のあかりを灯す会と協働で実施しております。ホームページ作成にもご協力いただきました。

レシピ紹介

過去の食と防災で実施したレシピをご紹介します。

食と防災の冊子のご案内

練馬区では食と防災の冊子を防災学習センターや区役所7階区民防災課で配布しています。

令和3年度のご案内

令和3年度の食と防災は、調理実習形式の講習会を予定しております。ライフラインが停止した状況を再現し、災害時の食について改めて考えるきっかけとなる内容になっています。ぜひ、ご参加ください。
今後の日程等の詳細につきましては、ホームページや区報で周知させていただきます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

危機管理室 区民防災課 防災学習センター  組織詳細へ
電話:03-5997-6471  ファクス:03-5997-6472
この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

フッターここまで
ページトップへ