このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

がいこくのひとむけ

手続き案内サービス・リアルタイム窓口混雑情報

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

陶芸

ページ番号:410-080-031

更新日:2019年5月14日

生活に欠かせない「暮らしの器」・・・陶芸

陶芸の写真

 縄文時代からの歴史を持つ日本の陶芸は、世界に類を見ないほど多種多様な技術を生み出してきた。そして、陶磁器は、食事の器や植木鉢といった「暮らしの器」として今日までずっと私たちの生活に欠かせないものとして作り・使われ続けている。
 一方、美術品として鑑賞され、楽しまれるやきものも作り続けられており、やきものは日本人にとって一番なじみのある工芸品と言っても良い。 
 釉薬を使う場合の「陶芸」の工程は、土練り→成型→仕上げ(削りなど)→乾燥→素焼き→施釉→本焼きとなる。

練馬区伝統工芸会 会員名簿(陶芸)

会員名簿
氏名 住所
太田 治孝 練馬区桜台

お問い合わせ

産業経済部 経済課 中小企業振興係  組織詳細へ
電話:03-5984-1483(直通)  ファクス:03-5984-1902
この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

このページを見ている人はこんなページも見ています

情報が見つからないときは

フッターここまで
ページトップへ