このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

がいこくのひとむけ

手続き案内サービス・リアルタイム窓口混雑情報

みどり・緑化

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

動画『ねりまの介護のよい話』

現在のページ
  1. トップページ
  2. 保健・福祉
  3. 介護保険
  4. お知らせ一覧(介護保険)
  5. 動画『ねりまの介護のよい話』

ページ番号:547-188-422

更新日:2022年11月11日

介護サービスを紹介する動画『ねりまの介護のよい話』を、練馬区介護の日記念事業実行委員会で作成しました。
※実行委員会は、練馬区介護サービス事業者連絡協議会を中心に、区と協働して運営しています。

動画『ねりまの介護のよい話』とは?

練馬区の介護サービスを区民の皆様にお伝えするために、介護が必要になった3人の区民を仮定して、介護サービスを紹介する動画です。
動画にはそれぞれ、各介護サービスの紹介だけではなく、介護職の仲間たちと介護職を志す人たちへのメッセージや、練馬区民の皆様に向けたメッセージが収録されています。

『ねりまの介護のよい話』

動画は介護サービス種別により、10本に分かれています。それぞれの外部リンクよりご覧ください。

みんなの物語「はじまりの物語 Re-start Line」

居宅介護支援

それぞれの人生、何かのきっかけで介護が必要になることもあります。
まずは介護のはじまり、生活の再スタートについてケアマネジャーがお話しします。

太郎さんの物語「我が家へ帰ろう Home sweet home」

ねりま太郎さんは65歳。
ある日、脳卒中発作で緊急入院することに!一命はとりとめたものの、後遺症が残ることになってしまいました。
そんな太郎さんの、我が家に帰る物語です。

1.介護老人保健施設

病状が安定した太郎さんは、介護老人保健施設(老健)へ行くことになりました。
老健とはどのようなところなのか、施設職員に聞いてみましょう。

2.福祉用具・住宅改修

老健でのリハビリも順調に進み、いよいよ退院も間近。ただ気になるのは、自宅の環境でした。
そこで、福祉用具や住宅改修について、事業者の方に教えてもらいました。

3.訪問看護

老健でのリハビリの効果もあり、福祉用具や住宅改修で整えた我が家に帰ることになりました。
しかし気になるのは再発のこと…。心配になった太郎さんは、訪問看護の相談をしました。

4.通所介護

心配だった新生活も、福祉用具や住宅改修でうまく暮らしていけそうです。
気になるのは、今後のことと介護してくれている妻の負担…。
まずは、聞きなじみのある「デイサービス(通所介護)」について教えてもらうことにしました。

5.訪問介護

施設に通って受けられるサービスがわかり、ひとまず安心した太郎さん。
今度は、ホームヘルパーに自宅に来てもらう訪問介護について相談してみました。

6.訪問入浴

太郎さんは三度の飯より風呂が大好き。
いつまでもお風呂に入り続けたいとの希望を叶えるため、訪問入浴について相談しました。

花子さんの物語「ひとりじゃないから Living Together」

ねりま花子さんは70歳。
区内で長年ひとり暮らしをしていますが、ある日自宅で転んでしまい、ひとり暮らしが不安になってしまいました。
そんな花子さんの不安を和らげる介護サービスの話が聞ける物語です。

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホーム(特養)でボランティアをしていた花子さん。
施設職員に、特養について詳しく教えてもらい、今後のことを相談しました。

ミドリさんの物語「認知症とともに歩む Take it easy with Dementia」

ねりまミドリさんは77歳。
息子さんと二人暮らしですが、ある時から物忘れが目立つようになりました。
認知症と診断されたミドリさんが、認知症とともに自分らしく地域で暮らす物語です。

1.認知症デイサービス

認知症と診断されたミドリさんは、ショックから家に引きこもってしまいました。
心配した息子さんは、認知症デイサービスに相談に行きました。

2.認知症グループホーム

認知症の診断を受けたあとも、自宅で生活していたミドリさん。
ある日、自宅でボヤ騒ぎを起こしてしまい、息子さんも仕事と介護の両立が難しくなってきました。
これまで生きてきた練馬から離れたくないミドリさんは、認知症グループホームに相談に行きました。

動画一覧

動画の一覧を、QRコードを添えて作成しました。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

高齢施策担当部 介護保険課 管理係  組織詳細へ
電話:03-5984-2863(直通)  ファクス:03-3993-6362
この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

このページを見ている人はこんなページも見ています

情報が見つからないときは

フッターここまで
ページトップへ