このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

とれたてキッチン

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

歯みがきのポイント【成人】

現在のページ
  1. トップページ
  2. 保健・福祉
  3. 保健
  4. 歯と口の健康
  5. 成人・高齢者の歯科情報
  6. 歯みがきのポイント【成人】

ページ番号:130-006-978

更新日:2016年1月6日

歯ブラシの選び方

毛の部分は小さめを選びましょう。
毛のかたさは「ふつう」がおすすめですが、歯肉から出血がみられる場合は「やわらかめ」を選びましょう。
毛がかたすぎる歯ブラシは、歯の根元や歯肉を傷つける場合があります。

歯ブラシの持ち方


鉛筆を持つようにすると、細かく動かすことができます

歯ブラシの動かし方

歯ブラシを振動させるように、左右に小刻みに動かします。


※歯の形や歯並びは個人差があります。それぞれに合った歯のみがき方については、歯科医院で、歯科医師や歯科衛生士のアドバイスを受けましょう。
保健相談所で行っているおとなの歯みがき相談もご利用ください。

歯垢が残りやすいところ


奥歯の溝

補助用具 ~デンタルフロス、歯間ブラシ~

歯と歯の間はみがき残しやすく、歯ブラシだけでは歯垢を落としきれません。デンタルフロスや歯間ブラシを使いましょう。
どちらを使うとよいかは口の状態によって違いますので、歯科医師や歯科衛生士に相談しましょう。

デンタルフロス

指に巻くタイプ


1 フロスを歯と歯のあいだにゆっくり入れます
2 歯の側面にフロスを沿わせ、歯ぐきの中1~2ミリメートルまで入れます
3 上下に2~3回ゆっくりこすり、歯垢をとります

持ち手のあるタイプ


使い方は、指に巻くタイプと同様です

※デンタルフロス詳しい使い方は、下記サイトをご覧ください。
▼e-ヘルスネット デンタルフロスの使い方・動画(外部サイト)新規ウィンドウで開きます。(厚生労働省 生活習慣予防のための健康情報サイト)

歯間ブラシ


歯と歯のすき間に合ったサイズを使いましょう
※サイズが分からない場合は、歯科医師や歯科衛生士にご相談にご相談ください

1 歯間ブラシを歯と歯のすき間にゆっくり入れます
2 前後にゆっくりとこすり歯垢をとります

歯間ブラシの詳しい使い方は、下記サイトをご覧ください。
▼e-ヘルスネット 歯間ブラシの使い方・動画(外部サイト)新規ウィンドウで開きます。(厚生労働省 生活習慣予防のための健康情報サイト)

お問い合わせ

健康部 健康推進課 歯科保健担当係  組織詳細へ
電話:03-5984-4682(直通)  ファクス:03-5984-1211
この担当課にメールを送る(新しいウィンドウを開きます)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区Nerima city office

所在地:〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)

法人番号:3000020131202

練馬区 法人番号:3000020131202

© 2018 Nerima City.
フッターここまで
ページ上部へ