このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

リアルタイム窓口混雑情報

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

まちづくり構想

ページ番号:595-953-882

更新日:2020年2月3日

はじめに

 練馬区都市計画マスタープランでは、上石神井駅周辺地区を「区民の日常生活を支える生活拠点」として位置づけており、交通の利便性や買物などの日常生活における安全性、快適性を高めるとともに、商業集積を促すなどにより、生活拠点としてのまちづくりに取り組むこととしています。

 上石神井駅周辺地区については、平成13年12月に上石神井町会、上石神井商店街振興組合の発意で「上石神井駅周辺地区まちづくり協議会(委員数30名)」が組織され、外環計画の推移を見据えながら、駅周辺のまちづくりを検討することになりました。「上石神井駅周辺地区まちづくり協議会」では、まちの課題、まちづくりの方針や土地利用および道路交通網などのあり方についての意見をとりまとめ、平成16年7月に練馬区長に提言書を提出しています。

 区では、上石神井駅周辺地区まちづくり協議会の「上石神井駅周辺地区まちづくり構想(提言書)」を基に、今後の駅周辺地区のまちづくりについて、区の考え方をまとめ、「上石神井駅周辺地区まちづくり構想(素案)」を平成18年5月に作成し、住民説明会等を通じて地域の方々からご意見をいただきました。さらに、この(素案)に修正を加えて「上石神井駅周辺地区まちづくり構想(案)」を平成19年8月に作成しました。
 この(案)を練馬区まちづくり条例の「重点地区まちづくり計画」としていくために、条例に基づき、計画案を公表・縦覧するとともに住民説明会、公聴会により、地域の皆様から多くのご意見をいただきました。

 これらの結果を踏まえ、今後のまちづくりの進め方について、整備の方向性を示すために、「上石神井駅周辺地区まちづくり構想」を策定しました。
 今後は、上石神井駅周辺地区が生活拠点としてふさわしいまちとなるよう、地域住民、関係事業者および区が相互に協力し、協働によるまちづくりを推進していきます。

まちづくり構想の各説明会概要

まちづくり構想(提言書)

提言書提出時のようす

 平成16年7月26日、上石神井地域の商店会と町会で構成される上石神井駅周辺地区まちづくり協議会から「上石神井駅周辺まちづくり構想」(提言書)が、区長に提出されました。
 これは、平成13年の協議会発足以来、2年半にわたり上石神井駅周辺のまちづくりについて検討を重ねてきた結果をまとめたものです。区では、この「提言書」の内容を真摯に受け止め、今後の地域の皆様の意見、要望を取り入れながら、上石神井駅周辺まちづくり基本構想を策定する予定です。

「まちづくり構想」(提言書)の概要

提言までの経緯

 西武新宿線駅上石神井駅周辺地区は、駅直近に外かく環状道路が南北に縦断する計画があります。その事業化の内容によっては、地域住民の生活に大きな影響を与えることになります。

 そこで、「より暮らしやすいまちづくり」や「商店街の活性化」の方策を検討するため、平成13年12月に上石神井町会、上石神井商店街振興組合から推薦された委員30名が参加して「上石神井駅周辺まちづくり協議会」が設立されました。

 協議会は、交通量調査や地域住民などへのアンケート、防災特性調査などの結果について、区から提供を受け、まちづくりの方針、土地利用や道路交通網のあり方などについて検討しました。

 協議会は14回開催し、地域住民へのアンケートを2回、ニュースの発行を6回行い、提言書としてまとめました。

 区は、協議会の事務局として、その活動を支援しました。

提言書の概要

 提言書では、人と車が混在する危険なバス通りや、商店街を分断し渋滞を引き起こしている開かずの踏み切りなどを、解決すべき重要な課題としてとりあげています。
 これらの課題を解決し、交通・商業環境を改善するための方策を検討するとともに、防災上の視点も加えて次の提案を行っています。

(1)まちづくりの基本方針
 1)交通環境の改善と機能強化・・・道路交通の円滑化と歩行者安全性の向上、交通結節機能の強化など
 2)商店街の活性化・・・商店街の再生、施設整備など
 3)安全で快適な暮らしやすい住環境の形成・・・緑豊かな住宅環境の保全・育成、耐震不燃化の促進など

(2)まちづくり構想
 1)土地利用・・・駅周辺・南北道路沿線、駅前、周辺部に分けそれぞれの方針を提案
 2)道路交通網・・・安心して歩けないなどの住民の意見を受け、南北道路や駅前交通広場の整備などを提案
 3)防災・・・都市計画道路の整備と沿道の耐震不燃化、広域避難場所周辺の耐震不燃化などを提案

(3)整備プログラム
 第1段階 上石神井駅周辺の交通問題解消のため、南北道路・交通広場および南北道路近隣の商店街を整備
 第2段階 南北道路や交通広場の整備効果を活かし、周辺商店街を整備
 第3段階 商店街に隣接する地区の適切な土地利用の誘導を促進

上記の概要を図にまとめると次のようになります

提言の概要図

概要図の凡例

西武鉄道の踏切について

 踏切による南北道路の分断解消は、この地区の大きな課題の一つです。この構想では、交通広場整備等の諸条件を考慮して、鉄道の高架化による方法を提案しています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

都市整備部 新宿線・外環沿線まちづくり課 まちづくり担当係  組織詳細へ
電話:03-5984-1278(直通)  ファクス:03-5984-1226
この担当課にメールを送る(新しいウィンドウを開きます)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

このページを見ている人はこんなページも見ています

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区Nerima city office

所在地:〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)

法人番号:3000020131202

練馬区 法人番号:3000020131202

© 2018 Nerima City.
フッターここまで
ページトップへ