このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

がいこくのひとむけ

手続き案内サービス・リアルタイム窓口混雑情報

みどり・緑化

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

屋根工事の訪問販売契約トラブルに注意!

現在のページ
  1. トップページ
  2. くらし・手続き
  3. 消費生活
  4. こんなトラブルに要注意
  5. 屋根工事の訪問販売契約トラブルに注意!

ページ番号:884-139-496

更新日:2023年9月20日

突然、来訪した事業者から屋根工事の契約を勧められ、トラブルに発展したという事例が後を絶ちません。台風などで大雨の降りやすい時期に、相談が増加する傾向がありますのでご注意ください!

「近所で工事をしていたら、お宅の屋根がはがれている」、「家の屋根に不具合があるから無料で点検する」、「工事しないと大変なことになる」などを口実に、突然訪問した事業者から屋根工事の契約を進められ、契約をしたのちに、高額だった、必要のない工事だったので解約したい等のトラブル相談が増えてきています。


このような事例は訪問販売であり、工事が終わっていてもクーリング・オフできる場合があります(詳細については、練馬区消費生活センターにご相談ください)。


特に高齢者は本人が気づいていない場合が多く見受けられますので、周囲の方による見守りが大切です。

トラブルを防ぐために徹底すべきこと

ドアを開けない

インターホン、または扉越しに対応し、はっきり断りましょう。
帰らない場合は、警察に相談しましょう。

点検させない

屋根は、自分で見て確認することが困難で、不安をあおられる原因になります。
点検させると、業者の思うツボです。
悪質な場合、壊されることもあります。
「近所に来たついでに点検しますよ」は、悪質業者の手口です。

契約しない

屋根工事が必要であれば、複数の業者から見積もりをとり、比較して業者を選び契約することが基本です。
その場で契約しないようにしましょう。
練馬区の屋根の工事(修繕・増改築)の業者紹介制度があります。
また、国土交通大臣指定の相談窓口として、公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センターの「住まいるダイヤル(外部サイト)新規ウィンドウで開きます。」もあります。

こんな相談がありました

・「屋根の棟の板金が浮いている、無料点検する」と業者が訪ねてきて、点検してもらった。
「釘がさびて板金が浮いていて、台風で飛ぶと通行人に迷惑がかかる」と説明された。
写真を見せられ大変だと思ったので、約40万円の修理工事契約をした。
向かいの家の人が工事を見ていて杜撰だと指摘され、専門家に確認してもらうと、打つ必要のない釘を数本打っただけの工事だった。
写真も別の人の屋根のようだった。




・一人暮らしの父が雨どいが外れていると訪ねてきた業者に、雨どいの修理30万円の契約をした。
修理後、「屋根が傷んでいて、そのうち雨漏りする」と言われた。
不安になって屋根の一部葺き替え工事220万円の契約をしたが、お金がないと、父から相談されてわかった。

屋根修理関連の注意喚起に関する外部サイト

  • 東京都が作成した「住宅リフォームガイド」の 3ページ目には、トラブル、悪質な点検商法について掲載されています。

   東京都住宅リフォームガイド(外部サイト)新規ウィンドウで開きます。

  • 国民生活センターのホームページに近年の相談件数や高齢者に多い消費者トラブルが掲載されています。

点検中に屋根を壊された?点検商法に注意(外部サイト)新規ウィンドウで開きます。(見守り新鮮情報第419号)

訪問販売によるリフォーム工事・点検商法(外部サイト)新規ウィンドウで開きます。

高齢者とそのまわりの方に気を付けてほしい消費者トラブル最新10選(2022年9月)(外部サイト)新規ウィンドウで開きます。

  • 東京都がリフォーム業者に対し命じた業務停止命令(東京くらしWEB)

処分事業者等一覧(外部サイト)新規ウィンドウで開きます。


お問い合わせ

産業経済部 経済課 消費生活係  組織詳細へ
電話:03-5910-3089(直通)  ファクス:03-5910-3440
この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

こんなトラブルに要注意

  • 屋根工事の訪問販売契約トラブルに注意!

このページを見ている人はこんなページも見ています

類似ページ

情報が見つからないときは

フッターここまで
ページトップへ