このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

がいこくのひとむけ

手続き案内サービス・リアルタイム窓口混雑情報

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

世界都市農業サミット参加都市との交流

現在のページ
  1. トップページ
  2. 観光・催し
  3. 農業
  4. 世界都市農業サミットin練馬
  5. 世界都市農業サミット参加都市との交流

ページ番号:649-545-689

更新日:2021年2月26日

練馬区は、都市農業の魅力と可能性を世界に発信し、参加都市が相互に学び、さらに都市農業を発展させることを目的に、令和元年11月29日から12月1日に「世界都市農業サミット」新規ウィンドウで開きます。を開催しました。
サミットに参加したニューヨーク、ロンドン、ジャカルタ、ソウル、トロントの5都市とは、引き続き情報交換等の交流を続けています。
ここでは、サミット開催後の各都市との交流実績の一部を紹介します。

ニューヨーク市主催のオンライン会議に練馬区が参加し、練馬の都市農業についてプレゼンテーションを行いました

グリーンサム ともに育てよう【GreenThumb GrowTogether 2021】(令和3年2月20日~27日)

 ニューヨーク市で、令和3(2021)年2月20日から27日まで、コミュニティ農園で活動する方同士の情報交換やガーデンシーズンの始まりを祝うことを目的としたイベント「グリーンサム ともに育てよう(GreenThumb GrowTogether 2021)」が開催されました。
 練馬区からは、都市農業担当部長が、「練馬区における都市農業」についての事例を、事前に録画した映像により発表しました。 
 練馬区の発表は「グリーンサム公式YouTubeチャンネル」(外部サイト)新規ウィンドウで開きます。でご視聴頂けます。

  • 名称 

  グリーンサム ともに育てよう(Green Thumb Grow Together 2021)

  • 概要

 1984年以来、ニューヨーク市が主催するアメリカで最大規模のコミュニティガーデニング会議です。例年は1日のみの開催で、会場にはコミュニティガーデナーが約1,000人集まり、多くのワークショップや発表が行われるイベントです。
 今年は、37回目の開催となりますが、新型コロナウイルス感染症の影響により、8日間にわたるオンライン開催へと変更になりました。また、例年の内容に加え、アメリカの他都市や海外(ソウル特別市)から発表者を招待して開催されました。

  • テーマ

  Gardens of Resilience(回復力のある庭)

  • 開催日程

 2021(令和3)年2月20日から27日まで(8日間)※ニューヨーク現地時間
 ※全日程のプログラムは、グリーンサムホームページ(外部サイト)新規ウィンドウで開きます。をご参照ください。

  • 練馬区からの発表

  ●時 間:2021(令和3)年2月20日 ※ニューヨーク現地時間
  ●内 容:練馬区における都市農業
  ●発表者:練馬区 都市農業担当部長

  • 視聴方法

 「グリーンサム公式YouTubeチャンネル(外部サイト)新規ウィンドウで開きます。 」で一般公開されています(一部)。

  • 言語

 英語・スペイン語

  • 主催

 アメリカ合衆国 ニューヨーク市

  • リンク(英語のみ)

【グリーンサムホームページ】https://greenthumb.nycgovparks.org/news.html?news_id=490(外部サイト)新規ウィンドウで開きます。
【YouTubeチャンネル】https://www.youtube.com/channel/UCdFyMAyON7_QwaJbO81rrzw/featured(外部サイト)新規ウィンドウで開きます。

  • グリーンサム事業とは

 グリーンサム事業は、ニューヨーク市公園局が行っているコミュニティ農園事業です。約600 か所のコミュニティ農園や農場に対して、資材や植物、ツール、プログラム、技術支援等の無料提供や支援を行っています。合計100 エーカー(約40ha)を超える敷地には、2 万人のボランティアが活動しています。また、農園や農場の多くは、健康的な食料が住民に行き届かない地域にあるため、農園では、野菜、果物、卵、蜂蜜等を販売したり、寄付したりして、住民に健康的な食料を提供する活動を行っています。

区内農業者の渡戸秀行氏が「持続可能な食料システム」についてプレゼンテーションを行いました

2020ソウル都市農業国際会議(令和2年11月26日・27日)

●概 要
 ソウル特別市が主催する、世界の都市農業についての事例発表と討論会を行う国際会議です。今年度は、新型コロナウイルス感染症の影響により、オンライン開催となりました。
 新型コロナウイルス感染症の蔓延、自然破壊により引き起こされた気候変動といった世界的な危機に直面する中、「都市と地球を救う気候農業者」をテーマに、都市農業の主な問題について、都市をまたいで議論するものです。
●日時
 11月26日(木曜):プレ会議(分科会1~3の発表・討論)
 11月27日(金曜):メイン会議(オープニング・基調講演・トピックプレゼンテーション・総合討論)
●テーマ
 都市と地球を救う気候農業者(Climate Farmers Saving the City and the Earth)
  ・分科会1 カーボンニュートラル
  ・分科会2 生物多様性
  ・分科会3 持続可能な食料システム

●練馬区からの発表

※それぞれ、下記リンク先のYouTube(ユーチューブ)上に、当日放映された動画がアップされています(海外発表者の日本語翻訳はありません)。

 (1)プレ会議  区内農業者の渡戸秀行氏が「持続可能な食料システム」について発表【日本語】

   https://www.youtube.com/watch?v=hv8OF3S-ubc(外部サイト)新規ウィンドウで開きます。 (動画 1:57:00~)

 (2)メイン会議 前川区長からの祝辞【英語】

   https://www.youtube.com/watch?v=T76MT7EfJfE(外部サイト)新規ウィンドウで開きます。  (動画 12:00~)

●公式言語

 英語・韓国語

●主催

 ソウル特別市

 【公式ホームページ】 http://www.seoulfarmer.org/en/main/main.php(外部サイト)新規ウィンドウで開きます。
 【YouTubeチャンネル】 https://www.youtube.com/channel/UCHmCtUh-riFwsIwMfomwD2w(外部サイト)新規ウィンドウで開きます。

気候農業者とは、カーボンニュートラルに貢献し、生物多様性の促進に率先して取り組み、都市や地方で共に農業に従事しながら持続可能な食料システムの構築に取り組むすべての人(ソウル特別市開催概要から抜粋)


渡戸秀行氏

お問い合わせ

都市農業担当部 都市農業課 事業調整係  組織詳細へ
電話:03-5984-1498(直通)  ファクス:03-3993-1451
この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

フッターここまで
ページトップへ