このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

リアルタイム窓口混雑情報

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

第200回 2013年8月21日 島筒 英夫 ピアノ

ページ番号:944-462-503

更新日:2013年8月26日

 平成8年12月に、区民に身近な場所で気軽に文化芸術に親しんでもらおうと始まったアトリウムミニステージがこの日200回を迎え、特別公演として盲目のピアニスト、島筒英夫さんのステージが披露された。
 美しい詩の弾き語りと島筒さんの前向きなメッセージは、200回記念にふさわしい感動的なものとなった。

島筒 英夫 プロフィール

島筒 英夫【しまづつ ひでお、ピアノ】

 1952年東京生まれ。2歳の時病気で失明。6歳よりピアノを始める。
1971年武蔵野音楽大学ピアノ科に当時全盲としては初めて入学。
人の心の暖かさへの感謝、夢を抱いて生きることの素晴らしさ、戦争の無い平和な世界への願いなど、様々な思いをピアノを通して聴衆とかみしめ合うコンサート活動を行なっている。
オリジナル曲とクラシックの名曲にトークを交えたユニークなプログラムで、老若男女、幅広い層の人々に好評を博している。全国の幼稚園や保育園で卒園式の時期に歌われている「さよならぼくたちのほいくえん【ようちえん】」の作曲家としても知られる。
また自身の日常体験を作曲したピアノ曲を集めて、自主制作発表しているCD「我が最良の日々」「幸せへのアジタート」「鈴蘭の詩(うた)」「新緑の中で」は、聴く人々の共感をよび、一部の教材のBGMに用いられるなど、静かに広がりつつある。

演奏曲目

1 さよならぼくたちのほいくえん【ようちえん】/島筒 英夫作曲
2 ピアノ語り一人二重奏「世界がもし100人の村だったら」/ 島筒 英夫作曲、新沢 としひこ作詞
3 英雄ポロネーズ/ ショパン作曲

お問合せ先

公益財団法人 練馬区文化振興協会
〒176-0001 東京都練馬区練馬1-17-37(練馬文化センター内)
TEL 03-3993-3311
E-mail: info@neribun.or.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区Nerima city office

所在地:〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)

法人番号:3000020131202

練馬区 法人番号:3000020131202

© 2018 Nerima City.
フッターここまで
ページトップへ