このページの先頭です
練馬区
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 施設案内 の中の 子ども の中の 保育園 の中の 光が丘地区(区立園) の中の 田柄保育園 のページです。

本文ここから

田柄保育園

更新日:2017年4月11日

外観

田柄保育園外観の写真

施設概要

  • 定員    : 92名
  • 開設    : 昭和42年5月
  • 延長保育 : なし
  • 敷地    : 1021平方メートル
  • 構造    : 鉄筋平屋建
  • 延床面積 : 372平方メートル
  • 併設状況 : 単独施設

所在地

〒179-0073 練馬区田柄4丁目36番4号

地図画像にある「ねりまっぷ」部分をクリックすると、縮尺・表示範囲を操作できる「地図情報 ねりまっぷ」の画面が新しいウインドウで開きます。

連絡先

電話:03-3939-4519
ファクス:03-3939-4664

主な交通機関

  • 東武東上線「下赤塚駅」下車 徒歩12分
  • 東京メトロ有楽町線・副都心線「地下鉄赤塚駅」下車 徒歩10分
  • 西武池袋線・都営大江戸線「練馬駅」下車 西武バス 成増駅南口行「田柄四丁目」下車 徒歩2分

定員

定員
クラス 0歳 1歳 2歳 3歳 4歳 5歳 合計
定員 受け入れていません 10 17 20 22 23 92

基本保育時間

基本保育時間
基本保育時間
午前7時30分から午後6時30分まで                     

※注釈1:保育時間(保育園でお預かりする時間)は、上記基本保育時間のうち、保育が必要な時間となります。
※注釈2:保育の必要量(保育標準時間、保育短時間)については、「保育の必要性の認定について」をご覧ください。

延長保育

延長保育は実施していません。
保育短時間の場合の延長保育については「延長保育」をご覧ください。

保育理念・目標

  • 自分の気持ちをあらわして生活できる子ども
  • 友だちの気持ちを感じることができる子ども

保育園の特色

リズム遊び

 保育園では心身ともにしなやかな身体づくりを目指して、年間を通してリズムあそびに取り組んでいす。
 異年齢との関わりも自然に生まれ、大きい子への憧れや、小さい子への思いやりなど、豊かでやさしい心も育っています。

栽培

 年長児は農園でじゃがいもや大根を育て、園庭のプランターでは3歳からミニトマト、なす、おくら等色々な野菜を育てています。
 自分たちで育て、収穫した野菜を食べる時の味は格別!「食」を通して命の大切さ、尊さも学んでいます。

リサイクル

 子どもも保護者も職員も、みんなで環境にやさしい生活を目指しています。                    
 年長クラスのリサイクル活動や、牛乳パックを利用しての葉書作りなど、子どもたちと一緒に楽しみながらエコ活動に取り組んでいます。

地域交流事業

  • 地域交流の実施予定日・内容は、変更になる場合があります。
  • ふれあい給食は要予約、有料です。大人・幼児食250円、乳児食170円です。
  • ふれあい給食の受付は、2週間前から受付けます。
  • 毎週火曜日は園庭開放(お庭で遊ぼう)です。8月は実施しません。10時から11時まで行います。
平成29年度 地域交流予定表
日にち 時間 内容
4月   お休み
5月9日(火) 10時〜12時 お庭で遊ぼう・身体計測・ふれあい給食
6月20日(火) 10時〜12時 お部屋で遊ぼう・身体計測・ふれあい給食
7月11日(火) 10時〜12時 夏の遊びをしよう・身体計測・ふれあい給食
8月   お休み
9月5日(火) 10時〜12時 作って遊ぼう・身体計測・ふれあい給食
10月21日(土) 10時〜12時 うんどうかい
10月31日(火) 10時〜12時 運動会ごっこをしよう・身体計測・ふれあい給食
11月14日(火) 10時〜12時 おたのしみ・身体計測・ふれあい給食
12月5日(火) 10時〜12時 リズムで遊ぼう・身体計測・ふれあい給食
1月10日(水) 10時〜12時 新年子ども会に参加しよう・身体計測・ふれあい給食
2月20日(火) 10時〜12時 おひなさまを作ろう・身体計測・ふれあい給食
3月   お休み
本文ここまで

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばしてフッターへ

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区役所

〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)
Copyright © Nerima City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る