このページの先頭です
練馬区
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 区政情報 の中の まちづくり・都市計画 の中の 各地域ごとのまちづくり の中の 武蔵関駅周辺地区のまちづくり のページです。

本文ここから

武蔵関駅周辺地区のまちづくり

武蔵関駅前の写真

  西武新宿線武蔵関駅周辺地区は、練馬区都市計画マスタープランにおいて生活拠点として位置付けられており、交通の利便性や買い物などの安全性・快適性を高めるとともに、地区の特性に配慮して、商業環境の向上などを図ることとされています。

  しかしながら、この地区では西武新宿線による地域の分断、踏切での歩行者の安全確保や交通渋滞などの解消が重要な課題となっているとともに、放置自転車や交通安全対策、みどりの減少など様々な問題を抱えています。

  また、周辺の住宅地においても良好な住環境を維持していくためにも、防災や景観面からのまちづくりが必要と考えられています。
  このような中で、平成28年3月には西武新宿線(井荻〜東伏見駅付近)が連続立体交差事業の準備中区間に選定されました。

  こうした状況を踏まえて、練馬区では西武新宿線(井荻〜東伏見駅付近)の立体化に向けた取り組みを進めるとともに、駅周辺地区のまちづくりを地域の皆様と協働で進めていきます。

新着情報

平成30年度武蔵関駅周辺地区・上井草駅周辺地区(下石神井四丁目)まちづくり推進業務支援委託の受託事業者を募集します。(平成29年12月)

 武蔵関駅周辺地区・上井草駅周辺地区(下石神井四丁目)まちづくり推進業務支援委託について、プロポーザル方式により受託事業者を選定します。
 プロポーザルへの参加を希望される事業者の方は、実施要領をご確認のうえ、必要書類の提出をお願いします。(詳しくは実施要領をご覧ください。)

委託期間
契約確定日の翌日から平成31年3月29日まで
ただし、業務実績状況を勘案し、最長3年(更新2回)の随意契約を行うことがあります。

スケジュール(予定)
実施要領等の公表      平成29年12月27日(水曜)〜平成30年2月6日(火曜)
参加申込書の提出期間   平成29年12月27日(水曜)〜平成30年1月22日(月曜)
質問受付期間         平成29年12月27日(水曜)〜平成30年1月22日(月曜)
質問に対する回答       平成30年1月24日(水曜)
関係書類の提出期間     平成30年1月24日(水曜)〜平成30年2月6日(火曜)
参加辞退届の提出期限   平成30年2月6日(火曜)
一次審査 結果通知発送  平成30年2月19日(月曜)
二次審査(プレゼン等)   平成30年3月14日(水曜)
二次審査結果通知発送   平成30年3月20日(火曜)

武蔵関駅周辺地区のまちづくりに関するオープンハウスを開催します(平成29年6月)

 地域のみなさまに「武蔵関駅周辺地区まちづくり構想」の具体化に向けた「武蔵関駅前まちづくり推進会」での検討結果および区の駅前広場の検討状況について、パネル展示と説明を行うオープンハウスを開催します。

【会場】
関保健相談所 1階 集団指導室
住所:練馬区関町東1丁目27番4号
    ※西武新宿線武蔵関駅南口より徒歩7分
【日時】※両日とも同じ内容です。
・6月23日 金曜日
午後5時から午後8時

・6月24日 土曜日
午前10時から午後1時

※事前の予約は不要です。
※会場には担当者が常駐します。ご質問やご相談に個別に対応いたしますのでお気軽にお声掛けください。
※お車でのご来場はご遠慮ください。

オープンハウスとは?
説明パネルの展示とあわせて、担当者が対話形式でご説明し、ご意見をうかがいます。
【説明パネル】
1 武蔵関駅前まちづくり推進会の検討のまとめ
2 駅前広場の整備に関する検討状況
3 連続立体交差事業について

オープンハウス会場案内図
オープンハウス会場案内図

▼開催案内▼

武蔵関駅周辺地区のまちづくりメニュー

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

本文ここまで

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばしてフッターへ

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区役所

〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)
Copyright © Nerima City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る