このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

よりどりみどりねりま

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

練馬区空き家等実態調査の結果をお知らせします

現在のページ
  1. トップページ
  2. 区政情報
  3. 統計・調査
  4. お知らせ一覧(統計・調査)
  5. 練馬区空き家等実態調査の結果をお知らせします

ページ番号:693-344-582

更新日:2016年9月21日

空き家等実態調査の概要

空き家等が適切に維持管理されていないと、防災、衛生および景観等の地域住民の生活環境に深刻な影響を与え、さまざまな問題が起こることが考えられます。
そこで、区内の空き家等の所在および状態の実態ならびに所有者等の意向を把握するために、空き家等の調査をおこないました。その結果の概要をお知らせします。

調査範囲および調査時期

区内全域
平成27年5月から平成28年3月まで

調査対象

公共施設等(官公庁施設、教育文化施設、厚生医療施設および供給処理施設)を除く、民間建築物全棟(148,713棟)

調査方法

敷地外からの外観目視により、空き家等の判定および建築物の老朽度等の判定をおこないました。
老朽度の高いものから順にA(重度)、B(中度)、C(軽度)、D(問題なし)の4段階で判定しました。

調査結果

空き家とみられる建築物は、1,507棟ありました。老朽度別の内訳は、以下の表のとおりです。
また、堆積物等による管理不全状態にある居住建築物、いわゆる「ごみ屋敷」と見られる建築物は30棟ありました。

空き家の老朽度別の棟数と内容
老朽度判定 棟数 内容
A判定
(重度)
211棟 倒壊や外装材等の飛散や落下など、損傷が著しいもの
B判定
(中度)
369棟 すぐに倒壊の恐れや外装材等の飛散等の危険性はないが、外装材等に損傷が見られるもの
C判定
(軽度)
325棟 外装材等の損傷が見られるが、修繕により継続して利用が可能なもの
D判定
(問題なし)
602棟 小規模の修繕またはそのままの状態で継続して利用が可能なもの

アンケート調査および結果

空き家等に判定された建築物のうち、登記簿により所有者が特定できた建築物について、アンケート調査を実施しました。
その結果、空き家の状況は把握していても、どのように対応したらよいのか不安に思っている方が多いことがわかりました。

練馬区空き家等実態調査報告書(平成28年3月)

練馬区空き家等実態調査報告書の全文のダウンロードはこちら

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

都市整備部 建築課 建築防災係  組織詳細へ
電話:03-5984-1985(直通)  ファクス:03-5984-1225
この担当課にメールを送る(新しいウィンドウを開きます)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区Nerima city office

よりどりみどりねりま

所在地:〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)

法人番号:3000020131202

練馬区 法人番号:3000020131202

© 2018 Nerima City.
フッターここまで
ページ上部へ