このページの先頭です
練馬区
サイトメニューここからサイトメニューをとばして本文へ


サイトメニューここまで
現在のページ トップページ の中の 施設案内 の中の 子ども の中の 保育園 の中の 石神井地区(区立園) の中の 上石神井第三保育園 のページです。

本文ここから

上石神井第三保育園

更新日:2018年4月2日

外観

上石神井第三保育園外観の写真

施設概要

  • 定員    : 91名
  • 開設    : 昭和44年12月
  • 延長保育 : なし
  • 敷地    : 1192平方メートル
  • 構造    : 鉄筋5階建の1階部分
  • 延床面積 : 407平方メートル
  • 併設状況 : 都営住宅

所在地

〒177-0045 練馬区石神井台4丁目5番20号

地図画像にある「ねりまっぷ」部分をクリックすると、縮尺・表示範囲を操作できる「地図情報 ねりまっぷ」の画面が新しいウインドウで開きます。

連絡先

電話:03-3928-1451
ファクス:03-3928-1692

主な交通機関

  • 西武新宿線「上石神井駅」下車 西武バス 長久保行「あたご橋」下車 徒歩7分
  • 西武池袋線「大泉学園駅」下車 西武バスまたは関東バス 西荻窪行「あたご橋」下車 徒歩7分

定員

定員
クラス 0歳 1歳 2歳 3歳 4歳 5歳 合計
定員 100日以上 8か月以上 15 16 17 18 18 91
受け入れていません 7

基本保育時間

基本保育時間
基本保育時間
午前7時30分から午後6時30分まで                     

※注釈1:保育時間(保育園でお預かりする時間)は、上記基本保育時間のうち、保育が必要な時間となります。
※注釈2:保育の必要量(保育標準時間、保育短時間)については、「保育の必要性の認定について」をご覧ください。

延長保育

延長保育は実施していません。
保育短時間の場合の延長保育については「延長保育」をご覧ください。

保育理念・目標

  • 心もからだも、元気な子

保育園の特色

乳児組の小さい子どもたちが遊べるかわいいテントウ虫の砂場や手作りテーブルがあります。幼児組と分かれて安心して遊ぶことのできるスペースでじっくり楽しんでいます。
                  

3歳〜5歳児の異年齢グループで3つに分かれて遊ぶ日を「おひさま」と呼び活動しています。その中で3兄妹のメンバーを決め関わりあう姿は微笑ましくいい経験になっています。

幼児組は毎月「お話の会」で素話、詩やわらべうたなどに触れるのを楽しみにしています
。聴く力や想像力が育ち、日々思い出して口ずさんだり遊びに取り入れたりしています。

地域交流事業

  • 地域交流の実施予定日・内容は、変更になる場合があります。
    参加を希望される方は、事前に保育園までお問い合わせください。
  • ふれあい給食は要予約、有料です。大人・幼児食250円、乳児食170円です。
  • ふれあい給食の受付は、その月の1日から受付。毎回5組10名程度。
平成30年度 地域交流予定表
日にち 時間 内容
4月26日(木) 10:00〜11:00 こいのぼりを作ろう
5月16日(水) 10:00〜11:00 園庭であそぼう
11:20〜12:00 ふれあい給食
6月7日(木) 10:00〜11:00 看護師より、誤飲や家庭の危険についての話
お部屋であそぼう
11:20〜12:00 ふれあい給食
7月11日(水) 10:00〜11:00 泥んこ&水あそびをしよう
11:20〜12:00 ふれあい給食
9月 日にち未定 10:00〜11:00 スケルトン車が来るよ
11:20〜12:00 ふれあい給食
10月13日(土) 10:00〜11:00 運動会に来てね
11月8日(木) 10:00〜11:00 園庭あそび
11:20〜12:00 ふれあい給食
12月18日(火) 10:00〜10:30 ミニおたのしみ会
1月29日(火) 10:00〜11:00 鬼のお面と三方作り
11:20〜12:00 ふれあい給食
2月15日(金) 10:00〜11:00 お雛様作り

お問い合わせ

上石神井第三保育園  組織詳細へ
電話:03-3928-1451
この担当課にメールを送る(新しいウィンドウを開きます)

本文ここまで

サブナビゲーションここからサブナビゲーションをとばしてフッターへ

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区役所

〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)
Copyright © Nerima City. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る