このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

手続き案内サービス・リアルタイム窓口混雑情報

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

平成18年度バランスシート(平成19年3月31日現在)(概略版)

現在のページ
  1. トップページ
  2. 区政情報
  3. 財政
  4. 財務書類4表
  5. 平成18年度財務書類
  6. 平成18年度バランスシート(平成19年3月31日現在)(概略版)

ページ番号:856-293-581

更新日:2010年2月1日

 バランスシートは、決算時点で区が保有する資産の内容と、その資産を持つために調達した費用の内訳を一覧表で示したもので、企業会計の賃借対照表に相当します。
 このページでは概略をお知らせします。

 より詳しくご覧になりたい方は、「平成18年度財務諸表」をPDFで掲載しておりますのでそちらをご利用ください。

普通会計(※注釈)のバランスシート(概略)
借方 貸方
【資産の部】 【負債の部】
1 有形固定資産
区が所有する土地・建物など
6,226億円 1 固定負債
地方債のうち平成19年度以降に返すべき金額、職員が全員退職したと仮定した場合の退職金など
1,430億円
2 投資等
出資金・貸付金、特定の目的のために積み立てた基金など
492億円 2 流動負債
地方債のうち平成18年度中に返すべき金額
100億円
3 流動資産
預金、資金不足に備える基金、未収金
380億円 負債合計 1,530億円
【正味資産の部】
正味資産合計 5,568億円
資産合計 7,098億円 負債・正味資産合計 7,098億円

※注釈:練馬区では一般会計に用地会計と給食会計を加え、重複分を除いたものをいいます。

正味資産が322億円増

 上表は全国共通の会計決算基準である普通会計のバランスシートです。

 資産合計は、前年度と比較して266億円増加しました。また、前年度と比較して、負債は56億円減少し、正味資産は322億円増加しました。

世代間の負担割合

 単年度のお金の出入りだけを示した決算制度に比べ、バランスシートでは将来に渡って、返す必要がある負債額なども把握できるので、区の資産を得るための世代間の負担割合を知ることができます(下図参照)。

 負債の割合が高いほど、将来の区民の負担が高くなりますが、平成18年度は前年度と比較して56億円減少したため、財務の安全性が高くなったといえます。

 なお、有形固定資産は長期間利用されるものなので、将来の世代にも公平に負担していただくことを考える必要があります。

世代間の負担割合の図

お問い合わせ

企画部 財政課 財政担当係  組織詳細へ
電話:03-5984-2465(直通)  ファクス:03-3993-1195
この担当課にメールを送る(新しいウィンドウを開きます)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

平成18年度財務書類

情報が見つからないときは

フッターここまで
ページトップへ