このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

とれたてキッチン

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

平成28年度予算案 主な事業

現在のページ
  1. トップページ
  2. 区政情報
  3. 財政
  4. 予算
  5. 平成28年度
  6. 当初予算
  7. 平成28年度予算案 主な事業

ページ番号:659-670-438

更新日:2016年2月15日

このページでは、平成28年度予算案の中から主な事業を紹介します。

子どもの成長と子育ての総合的な支援

安心して産み育てるために妊娠前から応援【1億2846万円】

 「妊娠・子育て相談員(保健師)」が全ての妊婦と面談し、必要な方には支援プランを作成します。出産後、支援が必要な場合には、助産師がいる施設で育児方法を学ぶことができる「産後ケアサービス」を行います。妊娠・子育てのそれぞれの時期に合わせ、体調管理や成長の目安などの情報を掲載した「妊娠・子育て応援メール」を配信します。また、男性への妊娠・育児支援を強化します。

家庭での子育てを応援【1億1887万円】

 0~3歳児と保護者が遊べる「子育てのひろば」と「おひさまぴよぴよ」を各2カ所増設します。また、子どもの一時預かりを行う「ファミサポホーム事業」を全ての保健相談所で実施します。さらに、妊娠・子育て期の相談に総合的に応じる「すくすくアドバイザー」を、新たに2カ所の子ども家庭支援センターに配置します。

練馬こども園や認可保育所などを拡充【8億6494万円】

 練馬区版の幼保一元化施設「練馬こども園」を、新たに5園認定します。私立認可保育所3カ所(うち2カ所は待機児童の多い0~2歳児に特化)と小規模保育事業(19人までの乳幼児を保育する民間の保育施設)10カ所を整備し、既存園の定員増分と合わせて550人の定員を拡大します。

支援が必要な子どもと家庭への取組みを充実【2億416万円】

 ひとり親家庭の具体的な課題を把握し、効果的な支援策を行うため、「ひとり親家庭等ニーズ調査」を実施します。生活に困窮している世帯の中学3年生を対象に、勉強会を新たに2カ所増やし、5カ所で開催します。

子どもたち一人ひとりに質の高い教育を【6億5584万円】

 地域の力を生かした教育活動を進めるため、地域の協力者を登録する制度を整備します。また、日本の植物学の父と呼ばれた牧野富太郎博士や練馬大根など、区の特徴を生かした独自の道徳映像教材を作成します。

安心して生活できる福祉・医療の充実

高齢が地域ではつらつと暮らすために【10億5384万円】

 高齢者の相談と交流の場となる「街かどケアカフェこぶし」を、谷原出張所内に開設します。また、地域で体力測定会を実施し、高齢者と地域で活動している団体をつなぐ「はつらつシニアクラブ」を区内4カ所で開始します。

障害者の地域生活を支援【3147万円】

 障害者一人ひとりの状況に応じた適切な住まいを提供するため、グループホームへの入居などの住まいのニーズ調査を実施し、整備計画に反映します。消防設備が未設置の障害者グループホームに設置費用を助成します。また、障害のある方もない方も参加できる「(仮称)ユニバーサルスポーツフェスティバル」を10月に光が丘体育館で開催します。さらに、エレベーターやだれでもトイレの有無など、区立施設のバリアフリー状況を示した「バリアフリーマップ」を区ホームページで公開します。

災害時における連携体制などを構築【1321万円】

 要援護者に対する安否確認や生活支援などについて、新たに介護・障害福祉サービス事業者との連携体制を構築します。また、高齢者や障害者のいる世帯に家具転倒防止器具を抽選で配布します。

安心して医療が受けられる体制を整備【36億3584万円】

 「医療環境整備基金」を創設し、病院整備を促進するなど医療環境の整備を強化します。平成29年4月、大泉学園町に開院する回復期リハビリテーション病院の整備を支援し、医療と介護の連携を順次充実します。

安全・安心快適な都市の実現に向けた基盤整備

地下鉄大江戸線の延伸に向けた取り組みを推進【10億3405万円】

 大江戸線延伸推進のための基金を単年度最大となる10億円積み増しするほか、新駅予定地を中心に、延伸を見据えたまちづくりを住民の皆さまと進めます。

未来に向けた道路交通ネットワークを構築【14億2992万円】

 区内の都市計画道路の整備率が8割となることを目指し、石神井公園駅周辺の補助132号線、補助232号線などの整備を着実に進めます。西武新宿線と交差する都市計画道路の整備と沿線3駅のまちづくりの検討を進め、連続立体交差化の早期実現を目指します。また、既存道路のモデル事業の実施などにより、無電柱化の整備を進めます。

自立分散型エネルギー社会の実現に向けた取り組みを推進【8267万円】

 災害時、区立小中学校に開設される避難拠点に電源を確保するため、モデル事業として外部給電設備を導入します。併せて、設備を活用するため、電気自動車などを区民や事業者に登録していただく「災害時協力登録車制度」を創設します。また、災害拠点病院と近隣の医療救護所(区立小中学校)が一体となった地域コジェネレーションシステム(発電時の熱を給湯や暖房に利用する設備)の創設に向けた調査を実施します。

空き家・ごみ屋敷などの問題解消に向けて【302万円】

 空き家・ごみ屋敷などの適正管理を促すため、「空き家等対策計画」を策定し、条例を制定します。空き家所有者と活用希望者からの相談に応じてマッチングを支援する「空き家活用促進事業」に向けて、モデル事業を実施します。

練馬区の魅力を楽しめるまちづくり

意欲ある個店や商店街を応援【2749万円】

 顧客獲得や売上向上のための商品開発や店舗改修など、「個店」の意欲ある取り組みに対して補助を行います。また、商店街同士が連携して取り組む事業に対して補助を行い、地域全体のブランド力や集客力を高めます。

都市農業の魅力を発信【3471万円】

 練馬産農産物のブランド化に向けた戦略を検討します。果樹の摘み取りや直販を行う農園「果樹あるファーム」の整備を支援するため、具体的なモデルケースを検討します。

区民参加のイベントを充実【1億7910万円】

 区の二大祭り「練馬まつり」「照姫まつり」を区民とともに充実していきます。広報キャンペーン「よりどりみどり練馬」を引き続き区民参加により展開し、区のイメージアップを図ります。

特色ある公園を整備【26億3780万円】

 5月、光が丘に「四季の香ローズガーデン」を開園します。これまでのバラ園と合わせて約220品種のバラの香りが楽しめます。23区唯一の大規模なカタクリの群生地を保全するため、「(仮称)清水山公園」を整備します。

区独立70周年プレイベント「薪能」初開催【1741万円】

 人間国宝で名誉区民の野村万作さん、重要無形文化財総合指定保持者の梅若万三郎さんなどをはじめ、日本を代表する出演者による「薪能(※)」を10月に石神井松の風文化公園で開催します。地元の祭囃子(まつりばやし)など、区民参加によるイベントも開催します。
※薪能…夜間に薪(たきぎ)をたいて、野外で行う能楽。

友好都市提携10周年上田市との交流促進【700万円】

 練馬区の公式アニメキャラクター「ねり丸」と上田市の真田丸応援団キャラクターを使った交流促進グッズを作成し、小学生などに配布します。

新たな区政の創造

区政への区民参加を促進【724万円】

「(仮称)区政改革計画」を策定し、区政改革に取り組みます。また、道路や公園遊具の破損などを、区民がスマートフォンなどで撮影し簡単に投稿できる仕組み「ねりまちレポーター」を開始します。

区民サービスに情報通信技術(ICT)をさらに活用【2855万円】

マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)の個人番号カードを活用して、全国のコンビニエンスストアで住民票の写しなどの証明書類の発行を開始します。

お問い合わせ

企画部 財政課 財政担当係  組織詳細へ
電話:03-5984-2465(直通)  ファクス:03-3993-1195
この担当課にメールを送る(新しいウィンドウを開きます)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

このページを見ている人はこんなページも見ています

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区Nerima city office

所在地:〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)

法人番号:3000020131202

練馬区 法人番号:3000020131202

© 2018 Nerima City.
フッターここまで
ページ上部へ