このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

とれたてキッチン

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

水道水のくみ置きを習慣にしましょう

現在のページ
  1. トップページ
  2. 区政情報
  3. 広報
  4. お知らせ一覧(広報)
  5. 区の震災対応
  6. 水道水のくみ置きを習慣にしましょう

ページ番号:691-749-963

更新日:2018年6月20日

 区は、災害時の飲料水を確保するため、乳児用飲料水の備蓄や他自治体との災害時協定の締結、区内の防災井戸の設置・指定などの取り組みを進めています。
 区民の皆さまも災害の発生に備えて、水道水のくみ置きを習慣にしましょう。

水道水をくみ置く場合の注意点

くみ置き量の目安

  • 大人 1人1日あたり3リットル
  • 1歳未満の乳児 1人1日あたり1リットル

※人が1日に必要とする飲料水の量は、成人で2~2.5リットルといわれています。

くみ置きの方法

  • 清潔でふたのできる容器(ポリタンク、ペットボトルなど)に、できるだけ空気に触れないよう、口元まで入れてください。
  • 市販のペットボトル飲料の容器を再利用する場合は、ジュースなどではなく、水の容器が適しています。
  • 浄水器には、塩素まで除去してしまうものがありますので、直接、蛇口から水道水を入れてください。
  • 保存前に沸かしてしまうと、水道水中の塩素が減ってしまうので、水のまま保存してください。

保存期間

  • 飲食に使える保存期間(消毒用の塩素の効果が持続する期間)の目安は、直射日光を避けた涼しい場所で3日程度、冷蔵庫で10日程度です。
  • 保存期間が過ぎたら、掃除や洗濯にお使いください。
  • くみ置きした水を飲む時は、雑菌が入らないよう、容器に直接口をつけずに、コップなどに注いでから飲んでください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

東京都水道局お客さまセンター
電話:03-5326-1101

危機管理室防災課、練馬区保健所生活衛生課
電話:03-3993-1111(代表)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区Nerima city office

所在地:〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)

法人番号:3000020131202

練馬区 法人番号:3000020131202

© 2018 Nerima City.
フッターここまで
ページトップへ