このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

とれたてキッチン

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

亘理町支援レポート「あおぞら日記」5月6日

現在のページ
  1. トップページ
  2. 区政情報
  3. 広報
  4. お知らせ一覧(広報)
  5. 東日本大震災関連情報(区の震災対応、区に避難してきた方々への支援など)
  6. 練馬区・上田市「亘理町支援レポート」
  7. 亘理町支援レポート「あおぞら日記」5月6日

ページ番号:680-612-593

更新日:2014年9月3日

平成23年5月6日 子どもたちを守った学校

 宮城県山元町立中浜小学校。
 全て津波に流されて何もない荒れ果てた平地の中に、今もしっかりととどまっています。
 支援隊は、被災地の状況の視察することも任務の一つとしています。被害の状況をしっかり記録と記憶に留めておくことは、今後、災害に立ち向かっていくうえでとても大切なことだからです。
 この日訪れた中浜小学校は、在校生は100名に満たない小さな小学校です。海岸から300メートルほどの位置にあったため今回の津波をもろに受けることとなり、全壊に近い被害を受けてしまいました。
 井上剛校長(53歳)は、3月11日の地震直後、「津波の予想到達時間は10分後」とのテレビ放送を見て、直ぐに校庭や教室にいた児童57人を2階建て校舎の屋上に避難させたそうです。屋上には、教員や保護者、地元住民を含め約90人が避難し、大津波の襲来に校舎は耐え抜き、全員が翌朝自衛隊のヘリコプターで救助されました。
 校舎の周辺の建物は全て津波で破壊され、中浜小学校の他には何一つ残っていませんでした。支援隊には、その光景が奇跡のように映りました。
 津波が去った直後からこの学校のことは、「子どもたちの命を守った学校」として地元でも知られるようになったといいます。
 校舎が守ってくれた児童生徒たちは、近くの坂元小学校で新学期を迎え、今も元気に登校しています。

 深い感慨と多くの教訓を得た視察となりました。

お問い合わせ

危機管理室 防災計画課 防災計画係  組織詳細へ
電話:03-5984-1327(直通)  ファクス:03-3993-1194
この担当課にメールを送る(新しいウィンドウを開きます)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区Nerima city office

所在地:〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)

法人番号:3000020131202

練馬区 法人番号:3000020131202

© 2018 Nerima City.
フッターここまで
ページ上部へ