このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

とれたてキッチン

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

障害年金や生活保護を受けたときの法定免除(年金)

現在のページ
  1. トップページ
  2. くらし・手続き
  3. 年金・国保
  4. 国民年金
  5. 国民年金保険料の免除と手続き
  6. 障害年金や生活保護を受けたときの法定免除(年金)

ページ番号:190-393-191

更新日:2018年3月5日

 障害年金(1級・2級)の受給を始めたときや、生活保護法による生活扶助を受け始めたときは法定免除の届出が必要です。法定免除事由に該当した日の属する月の前月から、該当しなくなった日の属する月までの保険料が免除されます。
 法定免除が認められた期間は、年金を受け取るための資格期間として計算されます。法定免除を受けた期間についての受給額の計算は、全額を納付した場合と比較して半分になります。ただし、希望により後から追納することも可能です。
 なお、生活保護の廃止など該当理由がなくなったときには、法定免除の廃止の届出をしなければなりません。その後、申請免除などの申請をすることも可能です。

法定免除の対象者

 国民年金の第1号被保険者(自営業者や学生の方など)で下記の1から4のいずれかに該当した方は届出が必要です。

  1. 障害年金(1級・2級)を受給している方
  2. 生活保護法による生活扶助を受けている方
  3. らい予防法の廃止に関する法律による援護を受けている方
  4. ハンセン病療養所・国立脊髄療養所・国立保養所に入所している方

※注釈:生活保護法による生活扶助以外の扶助を受けている方が世帯内にいる方には、申請免除の所得審査が免除されます。
保険料の納付が困難なときの免除

手続に必要なもの

  • 本人確認できるもの(運転免許証・個人番号カードなど)
  • 個人番号を確認できるもの(個人番号カード・個人番号通知カードなど)
  • 年金手帳

手続方法と窓口

状況によって必要なもの:

 ・年金証書(障害年金(1級・2級)を受給している方)
 ・受給証明書(生活保護法による生活扶助を受けている方、らい予防法の廃止に関する法律による援護を受けている方)

手続方法と窓口

 法定免除を受ける理由が始まったときと、終了したときに届出が必要です。手続は、国民年金係が窓口となります。区民事務所では取り扱いません

 区民部 国保年金課 国民年金係 電話:03-5984-4561(直通)(本庁舎3階)
 受付時間 月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時まで(土曜日、日曜日、祝日、12月29日から1月3日を除く)

※注釈:施設の地図は、画面左上の「施設案内」からご確認できます。

来庁が困難な場合

 来庁が困難な場合には、国民年金係へ電話でご相談ください。

保険料の追納

 申請免除、学生納付特例、納付猶予、法定免除を受けた期間の保険料は、10年以内であればさかのぼって納めることができます。ただし、2年度を過ぎると当時の保険料額に経過期間に応じた加算額が上乗せされます。
 追納の手続は年金事務所で取り扱います。

窓口・お問合せ先

 練馬年金事務所 電話:03-3904-5491 〒177-8510 練馬区石神井町4丁目27番37号
             受付時間 月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分まで
             (土曜日、日曜日、祝日、12月29日から1月3日を除く)
             週初の開所日 午前8時30分から午後7時まで
             第二土曜日(週末相談) 午前9時30分から午後4時まで

車椅子イラスト

お問い合わせ

区民部 国保年金課 国民年金係  組織詳細へ
電話:03-5984-4561(直通)  ファクス:03-5984-3275
この担当課にメールを送る(新しいウィンドウを開きます)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

国民年金保険料の免除と手続き

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区Nerima city office

所在地:〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)

法人番号:3000020131202

練馬区 法人番号:3000020131202

© 2018 Nerima City.
フッターここまで
ページ上部へ