このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

がいこくのひとむけ

手続き案内サービス・リアルタイム窓口混雑情報

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

令和3年度 新型コロナウイルス感染症の影響による国民健康保険料の減免について

現在のページ
  1. トップページ
  2. くらし・手続き
  3. 国保・後期高齢者医療・年金
  4. 国民健康保険
  5. 国民健康保険の保険料
  6. 令和3年度 新型コロナウイルス感染症の影響による国民健康保険料の減免について

ページ番号:236-718-781

更新日:2021年6月18日

 新型コロナウイルス感染症の影響により、次の要件を満たす世帯は、申請により国民健康保険料の減額または免除が受けられま

す。


申請前にご確認ください

  • 口座登録をされている場合は、申請後も減免が決定されるまで保険料が引き落とされます。口座引き落としを止める場合は、登録口座の金融機関にご相談ください。
  • 年金から特別徴収されている場合は、減免が決定されるとそれ以後の納付方法が普通徴収(納付書)に切り替わります。 ただし、決定からおよそ2か月内はそのまま年金から徴収されます。
  • 申請後も減免が決定されるまでは、未納分について督促状等が送付される場合があります。なお、減免決定後、納付いただいた場合も行き違いで督促状が発送される場合があります。
  • 国保への加入や脱退の手続きをまだしていないなど、必要な手続きがお済みでない場合は減免の申請前にお届けください。

対象となる世帯

減免事由1もしくは2に該当する世帯
減免事由1

 令和3年4月以降、新型コロナウイルス感染症により、世帯の主たる生計維持者(※1)が死亡した、または
重篤な傷病(※2)を負った世帯

減免事由2

 新型コロナウイルス感染症の影響により、世帯の主たる生計維持者の令和3年の給与収入、事業収入、不動
産収入または山林収入(以下「事業収入等」という。※3)の減少が見込まれ、次の要件の全てに該当する世帯
 (1)世帯の主たる生計維持者の令和3年の事業収入等のいずれかの減少額(保険金、損害賠償等により補
  填されるべき金額を控除した額)が、令和2年の該当する事業収入等(※4)の額の10分の3以上である
  こと
 (2)世帯の主たる生計維持者の令和2年の所得の合計金額(※5)が1000万円以下であること
 (3)減少することが見込まれる主たる生計維持者の事業収入等に係る所得以外の令和2年の所得の合計
   (※6)が400万円以下であること


※1 世帯の主たる生計維持者とは原則、世帯主(国保に加入していない世帯主を含む)を指します。世帯主に所得が無いなどで
  世帯主以外の同一世帯の方の収入で生計が維持されている場合は、その旨を申請書に記入してください。
※2 1か月以上の治療を要すると認められる場合
※3 この4種類以外の収入(雑収入など)の減少が見込まれても、この減免に該当しません。また、国や都道府県から支給され
  る各種給付金(持続化給付金など)は事業収入等の計算に含めません。
※4 世帯の主たる生計維持者の令和2年の事業収入等が「0円」の場合は、この減免に該当しません(※9も併せてご確認くださ
   い)
※5 ここでいう「所得の合計金額」とは、総所得金額等(退職所得を除く)から特別控除額を引いた金額です。
※6 この「所得の合計」には、(1)に該当しなかった事業収入等にかかる所得と、その他の所得(利子、配当、雑、譲渡、一
  時、退職)を含みます。

対象となる保険料

 令和3年度分の保険料  (※7)
(令和3年4月1日から令和4年3月31日までの間に納期限が設定されているもの)
 ※7 令和2年度分の保険料について
    令和3年4月以降に納期限が設定された令和2年度分保険料は、要件等が異なりますが、申請により減免となる場合となる
   場合があります。
    ☆令和3年4月以降に納期限が設定された令和2年度分保険料とは?
     【例1】令和3年3月末に国民健康保険加入の手続きを行った
     【例2】令和元年(2019年)の修正申告(所得の更正)を行った
     ことなどで、令和3年度になってから発生した令和2年度の保険料のことです。
    ☆令和2年度中に納期限が設定されていた令和2年度分保険料は対象となりません。
     また、平成31年度以前の保険料も対象となりません。
    ☆令和2年度分保険料の減免の要件や、申請の方法については、国民健康保険料減免相談コールセンター
     (03-5984-1644)にお問い合わせください。

減免となる保険料額

減免となる保険料額
減免事由1  対象となる期間の保険料の全額免除
減免事由2

対象となる期間の保険料の一部(※8)を免除


※8 減免額は、対象保険料額(A×B/C)に減免割合(D)をかけた金額

対象保険料額(A×B/C)
A  当該世帯の被保険者全員について算定した令和3年度の保険料額
B

世帯の主たる生計維持者の減少することが見込まれる事業収入等に係る令和2年の所得額(減少することが見込まれる事業収入等が2種類以上ある場合はその合計額)(※9)

C

被保険者の属する世帯の主たる生計維持者および当該世帯に属する全ての被保険者につき算定した令和2年の所得の合計金額(※5)(※9)


※9 BまたはCの所得額が「0円もしくはマイナス」となる場合は、この減免に該当しません。

減免の割合(D)
世帯の主たる生計維持者の令和2年の所得の合計金額 減免の割合(D)

事業等の廃止や失業の場合

10分の10
 300万円以下 10分の10
 400万円以下 10分の8
 550万円以下 10分の6
 750万円以下 10分の4
 1000万円以下 10分の2

注1 減免事由2に該当し、収入の減少理由が感染症の影響による事業等の廃止や失業の場合には、令和2年の所得の合計金額に
  かかわらず、減免の割合が10分の10になります。
注2 主たる生計維持者について、令和3年度に非自発的失業者に対する軽減制度(※10)が適用される場合(前年度から継続し
  て適用されている場合を含む)は、給与収入の減少に対するこの減免は適用されません。(非自発的失業者であっても軽減
  制度が適用にならない場合や、給与収入以外の収入が「減免事由2」に当てはまる場合は、この減免の対象となります。)

この減免の対象となるのか判断する参考にしてください

提出書類

(1)新型コロナウイルス感染症の影響による国民健康保険料減免申請書
 記入例を参考に、1世帯につき1枚作成してください。
 PDF版をご使用の場合は、印刷し必要事項を手書きしてください。Excel版をご使用の場合は、必要事項を入力のうえ印刷してください。

(2)添付書類

(コピーで構いません、添付書類は返却できません)
減免事由1 (新型コロナウイルス感染症だとわかる)死亡診断書、医師の診断書
減免事由2

次のア~エの書類(ウ、エは該当する場合)
(ア)主たる生計維持者の令和2年の収入がわかるもの(確定申告書の控え、源泉徴収票(給与収入のみの場
   合)など)
(イ)主たる生計維持者の令和3年の収入見込がわかるもの(令和3年1月以降の給与明細書、通帳、事業収支
   の帳簿など)
(ウ)事業の廃止・失業等の場合は、その日付が証明できるもの(退職証明書、解雇通知書、雇用保険受給資
   格者証、廃業届の控え(税務署の受付印のあるもの)など)
   ※添付がない場合は、令和2年の所得の合計金額により減免の割合を算出します。
(エ)保険金や損害賠償金等により補填されるべき金額がある場合は、それがわかるもの(保険契約書等)
   ※添付がない場合は、減免申請書に記入した金額をもとに判定します。


申請方法

 感染拡大防止のため、申請は郵送でお願いいたします。
 上記「提出書類」を、「〒176-8501 練馬区豊玉北6-12-1 国保年金課 国民健康保険料減免担当」宛てに郵送してください。

印刷して切り取り、封筒に貼ってお使いください。

申請期限

 減免は申請を受領した月の納期限にかかる保険料から減額します。
 全額免除の場合や納期未到来の保険料で減額しきれない場合は、遡及して納期を過ぎた保険料を減額します。
 世帯構成の変更等が無い限り申請時期で減免の総額は変わりませんが、減免事由に該当する場合は早めに申請してください。
   申請期限 令和4年3月31日(必着)

その他

  • 令和2年の収入・所得について、必要な確定申告をされていない場合は減免の判定ができません。申告後に減免申請をしてください。同一世帯の国保加入者のうち、20歳以上の方で扶養控除の対象となっていない方についても、必要な確定申告もしくは住民税の申告をしてから減免申請をしてください。
  • 減免が決定された場合は、減免後の納入通知書をお送りします(3か月ほどかかる場合があります)。減免できなかった場合は不承認決定通知をお送りします。
  • 申請書の記入漏れや書類不備がある場合や、令和2年の収入・所得について必要な確定申告をされていない場合は、申請書類を返送させていただきます。申請書等を郵送いただく前に、提出書類などに不備がないかご確認ください。
  • 旧被扶養者減免ですでに減免されている世帯は、この減免の対象となりません。
  • 納付済みの保険料について減免適用の結果、還付となる場合は、減免決定後おおむね1~2か月後に還付通知書をお送りします。ただし、納期限を経過した未納付分がある場合は、そちらに充当します。
  • 減免が決定された後に、世帯構成や加入者、所得などの変更にともなう保険料の変更があっても、減免額は変わりません。減免額を変更するには再度、減免申請をしていただく必要がありますが、変更の内容によっては減免が非該当となったり、減免額が減少する場合があります。また、添付書類は再度ご用意ください。
  • 介護保険第一号被保険者(65歳以上)の方の介護保険料についても、新型コロナウイルス感染症に係る減免の制度があります。詳しくは介護保険課資格保険料係(03-5984-4592)にお問い合わせください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

国保年金課 国民健康保険料減免相談コールセンター
電話:03-5984-1644(平日8時30分から17時15分まで)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

フッターここまで
ページトップへ