このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

がいこくのひとむけ

手続き案内サービス・リアルタイム窓口混雑情報

みどり・緑化

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

特例の転入届(マイナンバーカードまたは住民基本台帳カードを利用した転入)

現在のページ
  1. トップページ
  2. くらし・手続き
  3. 戸籍・住民登録
  4. 住民記録の届出
  5. 特例の転入届(マイナンバーカードまたは住民基本台帳カードを利用した転入)

ページ番号:279-051-987

更新日:2023年2月2日

  • 特例の転入届とは、前住所地で特例の転出届を受理されている方が紙の転出証明書の代わりに、前住所地の送信した転出証明書情報を取得して行う転入届です。
  • 特例の転入届は、次の順番で手続きを行います。
  1. 前住所地で特例の転出届の手続き
  2. 転入する方のマイナンバーカードまたは住基カード(いずれも有効なカードに限る)を区民事務所の窓口に持参し、転入届出書を提出
  3. カードの暗証番号(数字4桁)を入力
  4. 前住所地が送信した転出証明書情報を区が確認 

練馬区への転入届は、区内6か所の区民事務所の窓口で受付をしています。郵送やインターネットなどではお手続きができません。

届出人

  • 原則として、本人または練馬区で同一世帯の方
  • やむを得ず代理人が届出を行う場合は、委任状等が必要です。

届出期間

練馬区に住み始めてから14日以内(住み始める前の届出はできません。)

  • 転出予定日から30日を越えると手続きができません。その場合は、通常の転出手続きとなり、転出証明書の持参が必要になります。
  • 転入届の手続きが遅れた場合、児童手当などの手続きに影響がある場合があります。詳しくは、下記のページをご覧ください。

届出に必要なもの

  • 窓口に来られる方の本人確認書類

例えば、マイナンバーカード、顔写真付き住基カード、運転免許証、パスポート(日本国旅券)、在留カード、特別永住者証明書など日本の官公署が発行した顔写真付きの証明書の場合は1点

上記以外の健康保険証や基礎年金番号通知書、年金手帳、介護保険証などは2点

詳しくは「戸籍、住民票の申請・届出の本人確認方法について」をご覧ください。

※いずれの証明書も、有効期限の切れたものや、失効したものは使用できません。

※通知カードは本人確認書類としては使用できません。

  • 転入する方のマイナンバーカードまたは住基カード

※特例の転入届をするには、転入する方のカードの提示とカードの住民基本台帳用の暗証番号(数字4桁)の入力が必要です。


以下は、該当する方のみ必要です。

  • マイナンバーカードまたは住基カードをお持ちの方

転入する方全員分のカードをお持ちください。継続利用(住所変更等)の手続きを行います。手続きには、カードの住民基本台帳用の暗証番号(数字4桁)の入力が必要です。

  • 外国人住民の方

転入する方全員分の在留カード、特別永住者証明書または外国人登録証明書(みなし特別永住者証明書)をお持ちください。

世帯主との続柄を証する文書および訳者を明記した訳文が必要な場合があります。詳細は「外国人住民の続柄を証する文書について」をご覧ください。

  • 練馬区立の小・中学校に転校する方

在学証明書

  • 別世帯の代理人に転入届の手続きを依頼する方

 【別世帯の法定代理人が届出をする場合】

法定代理人であることを確認できる書類

(例)戸籍証明(練馬区の戸籍で確認できる場合を除く)、登記事項証明書など

 【別世帯の任意代理人が届出をする場合】

委任状

※「委任状の書き方」のページから「転入・転居およびカード変更専用委任状」をダウンロードしてご利用ください。


特例の転入届ができないケース

  • カードが廃止・失効しているとき

(例)転出予定日から30日を越えたとき、転出時点でカードの有効期限が切れているときなど

カードが廃止・失効している場合は、前住所地の区市町村に連絡し、紙の転出証明書の交付を受けて転入届に添付をしてください。

 

  • 前住所地の区市町村が特例転出の入力をしていないとき

前住所地の区市町村に特例の転出届をしていただきますと、前住所地の区市町村が転出先の区市町村に転出届の情報を送信します。

特例の転入届は、紙の転出証明書をお持ちいただく代わりに、前住所地が送信する転出証明書情報等を利用するため、特例の転出届をした場合であっても、前住所地の区市町村が特例転出の入力を完了していないと、練馬区で特例の転入届をお受けすることができません。

※転出届をした日に特例の転入届の手続きをしたいときは、転出届を受付した区市町村に同日中に特例の転入届をすることをお伝えください。

(参考)同日中に特例の転出および転入届をしたいとき

区市町村によっては、転出証明書情報の送信時間を平日の午前9時から午後5時までとしている場合があります。このような場合で転出証明書情報が当日中に送信されない場合は、前住所地で紙の転出証明書の交付を受け、区民事務所の窓口にお持ちいただきますと、特例の転入届ではなく通常の転入届として受付しますので、同日中に転入届の手続きができます。

 

  • 平日午後5時以降、土曜日に特例の転入届に来所した場合で、他の自治体への問合せが必要なとき

(例)転出届出後に戸籍届(婚姻届や転籍届など)をしているとき、転出届の内容と転入届の内容が異なるときなど

この場合は、平日の午前8時30分から午後4時頃までの来所をお願いします。


マイナンバーカードおよび住基カードの継続利用について

カードを継続利用する方は、転入届出時に有効なカードを持参してカード継続利用の申請をしてください。その際、カードの住民基本台帳用の暗証番号(数字4桁)が必要です。
本人と同一世帯の方は、本人のカード持参および本人の暗証番号を入力できる場合に限り、継続利用の手続きを代理で行うことができます。
 
平日は午後7時50分、土曜は午後5時50分までに手続きが完了しなかったときは、カード継続利用の手続きのための再来所が必要になります。
3月中旬から4月上旬までなど窓口の混雑状況等によっては、来所から手続き開始までの待ち時間が長くなりますので、できるだけ平日は午後6時30分頃、土曜は午後4時頃までにお越しください。

継続利用の手続きができる期間

転入届出日から90日以内
※転入届を「転出予定日から30日以内」に行っておく必要があります。
  
※ご注意ください
次の場合は、カードが失効し継続利用ができなくなります。
<カードが失効する場合>
・継続手続きを「転入届出日から90日以内」に行わなかったとき
・転入届を「転出予定日から30日以内」に行わなかったとき
カード失効後にマイナンバーカードの再交付を受けるときは、交付申請から交付まで概ね1か月かかります。また、交付の際に手数料1,000円(電子証明書が不要のときは800円)が必要です。

別世帯の任意代理人がカードの継続利用の手続きをする場合

転入する方のカード、窓口に来る方の本人確認書類(上に記載の「届出に必要なもの」をご覧ください)、委任状(カードの住民基本台帳用の暗証番号を本人が記入して封緘をしたもの)が必要です。
委任状は、「委任状の書き方」のページから「転入・転居およびカード変更専用委任状」をダウンロードできます。暗証番号を任意代理人が見ることができないよう、必ず本人が記入・封緘をしてください。

署名用電子証明書の発行手続き

マイナンバーカードの署名用電子証明書は、住所、氏名、生年月日、性別の変更があると自動的に失効します。署名用電子証明書を引き続きご利用になる方は、カード継続利用の手続きのほかに署名用電子証明書の発行手続きが必要です。
 
本人が窓口でパスワード(英数字6~16桁)の入力を行うと、同日中に署名用電子証明書を発行されます。
やむを得ず本人以外の方が代理で署名用電子証明書の手続きをする場合は、本人へ照会等を行うため、2回来所していただく必要があります。また、署名用電子証明書を発行する際にお持ちいただく代理人の本人確認書類は、日本の官公署が発行した顔写真付き証明書(マイナンバーカード、運転免許証など)に限定しています。

窓口および受付時間

取り扱い窓口と受付時間
 
取り扱い窓口受付時間

練馬区民事務所

練馬区豊玉北6丁目12番1号
練馬区役所本庁舎1階
03-5984-4528

○月曜~金曜(祝休日・12月29日~1月3日を除く)

○午前8時30分~午後7時
※注釈をご覧ください。

○土曜(祝休日・12月29日~1月3日を除く)

○午前9時~午後5時
※注釈をご覧ください。

×日曜・祝休日・12月29日~1月3日×取り扱いません

早宮区民事務所

練馬区早宮1丁目44番19号
03-3994-6705

光が丘区民事務所

練馬区光が丘2丁目9番6号
光が丘区民センター2階
03-5997-7711

石神井区民事務所

練馬区石神井町3丁目30番26号
石神井庁舎1階
03-3995-1103

大泉区民事務所

練馬区東大泉1丁目28番1号
リズモ大泉学園4階
03-3922-1171

関区民事務所

練馬区関町北1丁目7番2号
関区民センター1階
03-3928-3046

○月曜~金曜(祝休日・12月29日~1月3日を除く)

○午前8時30分~午後7時
※注釈をご覧ください。

×土曜・日曜・祝休日・12月29日~1月3日×取り扱いません

※注釈
(1)次の場合は、他の自治体に問い合わせが必要になることがあるため、平日午前8時30分~午後5時までにお越しください。
転出届出後に戸籍届(婚姻届や転籍届など)をしているとき、転出届の内容と転入届の内容が異なるときなど。
 
(2)転入届をした日にコンビニ交付または証明書発行機で住民票の写しを取得したいとき
コンビニ交付および証明書発行機のご利用には、マイナンバーカードの継続利用の手続きが必要です。
窓口の混雑状況やシステムのアクセス状況により手続きに時間がかかる場合がありますので、お時間に余裕を持って窓口にお越しください。
※平日午後7時、土曜午後5時までに継続利用の手続きが完了したときは、最大70分後にコンビニ交付および証明書発行機をご利用できます。
※平日午後7時、土曜午後5時をすぎると、データ送信できるのが翌開庁日となるため、ご利用開始は翌開庁日の午前7時30分以降になります。

区民事務所の地図

混雑緩和のため、できるだけお近くの区民事務所をご利用ください。

区民事務所の場所

区民事務所の混雑状況が分かります

(注釈)新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、窓口の混雑状況をご確認いただき空いている時間にご来庁ください。
また不要不急の来庁はなるべく避けるようお願いいたします。
令和2年1月4日(土曜)から、窓口情報提供システムを導入し、インターネットやスマートフォンで窓口の受付状況をリアルタイムで確認できるようになりました。

手続きに要する時間(目安)

単身者:約45分 家族4人:約70分
(受付を開始してからマイナンバーカードの変更処理終了までに要する時間)
※ 当日の混み具合や相談内容によって手続きに要する時間は変わります。手続きに要する時間は大まかな目安としてご参考ください。
※ 受付を開始するまでの待ち時間は含まれません。
※ 時間はお客様のご事情、混雑状況等により長くなる場合があります。
※ 小中学生のお子様がいる場合は、手続き時間が長くなることがあります。
※ 練馬・光が丘・石神井区民事務所は恒常的に混雑していますので、時間に余裕をもってお越しください。

転入に伴う各種手続きの案内

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

フッターここまで
ページトップへ