このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

とれたてキッチン

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

世界都市農業サミット参加都市の都市農業

現在のページ
  1. トップページ
  2. 観光・催し
  3. 農業
  4. 世界都市農業サミット参加都市の都市農業

ページ番号:655-686-390

更新日:2019年5月29日

世界都市農業サミットには、世界から5都市が参加します。参加する各都市の都市農業をご紹介します。

ニューヨーク

社会の課題を都市農業で解決する

ニューヨークでは、「グリーンサム」というコミュニティ農園事業を行っています。1970年代の市の財政危機の際に放棄された敷地を、市民が安全で清らかな場所にするために農園をつくり始めたのがきっかけです。
市内には約550の農園があり、市は資材の提供などを行い、管理はボランティアが行っています。コミュニティ農園では、教育ワークショップや利用者の交流イベントが行われています。

NYCHA農園

ロンドン

オリンピック・パラリンピックを機に2012か所の農園を開設

ロンドンでは、2006年に食糧戦略を策定しました。農産物の栽培を通じて、雇用確保や健康の増進、多様な人種間の理解の促進、犯罪率の低減などを目指しています。
また、「キャピタル・グロウス」という取組を行い、2012年のロンドンオリンピック・パラリンピックに合わせて2012か所の農園開設を目指しました。現在では、その数約2700か所まで増えています。

コミュニティガーデン

ジャカルタ

急激な都市化に対抗し強靭な都市を目指す

急激な経済成長を続けるジャカルタでは、開発により水田が激減し、気候変動や洪水の多発など深刻な問題を抱えています。都市の路地ではポット栽培が盛んです。
環境問題に負けない強靭な都市にするため、緑や農地を創出することはジャカルタの目標の一つです。

ガンヒジョウ

ソウル

都市に失われた農的なものを取り戻す

ソウルは日本より4年早く都市農業の振興に関する法律を制定しました。ソウルにおける都市農業は、市民が屋上や裏庭等を活用した園芸活動や週末に郊外にある市民農園で行う活動が中心です。
また、2012年から農地ツアーや事例発表等で構成される「ソウル都市農業万博」を開催しています。

週末体験農園

トロント

異文化理解の促進

トロントは海外からの移民の割合が市民の約半数という多民族で構成された都市です。移民の中には地域コミュニティに溶け込むきっかけを必要としている人がいます。トロントのコミュニティファームは利用者の交流を通じて移民の孤立を防いだり、異文化の理解促進につなげるねらいがあります。

市民農園

お問い合わせ

都市農業担当部 世界都市農業サミット担当課 事業調整担当係  組織詳細へ
電話:03-5984-1498(直通)
この担当課にメールを送る(新しいウィンドウを開きます)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

農業

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区Nerima city office

所在地:〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)

法人番号:3000020131202

練馬区 法人番号:3000020131202

© 2018 Nerima City.
フッターここまで
ページ上部へ