このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

よりどりみどりねりま

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

ラリック・エレガンス 宝飾とガラスのモダニティ ユニマットコレクション【2月24日(日曜)から4月21日(日曜)】

現在のページ
  1. トップページ
  2. 観光・催し
  3. 文化・教養・芸術
  4. 練馬区立美術館
  5. 展覧会の案内
  6. ラリック・エレガンス 宝飾とガラスのモダニティ ユニマットコレクション【2月24日(日曜)から4月21日(日曜)】

ページ番号:465-231-026

更新日:2019年2月8日

本展では、ジュエリー作家であり、ガラス工芸家のルネ・ラリック(1860から1945年)の作品をご紹介します。
ラリックは当初、アール・ヌーヴォーの宝飾デザイナーとして活躍し、1900年のパリ万国博覧会で大きな注目を集めました。その後は香水瓶のデザインや製造をきっかけに、ガラス工芸家としての道を歩みはじめます。
また、日本との関係も深く、1932年には旧皇族の朝香宮邸(現在の東京都庭園美術館)のガラス製レリーフ扉やシャンデリアなどを手掛けています。今回は貴重なジュエリーをはじめ、晩年までのガラス工芸を展示します。宝飾とガラスのフィールドにおいて、アール・ヌーヴォー、アール・デコという2つの様式を生み出した、ラリックの優雅な作品世界をお楽しみください。

扇と櫛《落ち葉》1899-1900年頃 獣角、金、エナメル、絹製リボン

常夜灯《日本のリンゴの木》1920年 透明ガラス、型吹き成型、装飾板はプレス成形、サチネ、ベークライト製照明台付

会期

平成31年2月24日(日曜)から平成31年4月21日(日曜)まで

休館日

月曜日

開館時間

午前10時から午後6時まで(入館は午後5時30分まで)

観覧料

一般 800円
高校、大学生および65から74歳 600円
中学生以下および75歳以上 無料
(その他各種割引制度あり、美術館へ直接お問い合わせください)

関連イベントなど詳細リンク先

お問い合わせ

地域文化部 文化・生涯学習課 文化振興係  組織詳細へ
電話:03-5984-1284(直通)
この担当課にメールを送る(新しいウィンドウを開きます)

本文ここまで

サブナビゲーションここから

展覧会の案内

  • ラリック・エレガンス 宝飾とガラスのモダニティ ユニマットコレクション【2月24日(日曜)から4月21日(日曜)】

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区Nerima city office

よりどりみどりねりま

所在地:〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)

法人番号:3000020131202

練馬区 法人番号:3000020131202

© 2018 Nerima City.
フッターここまで
ページ上部へ