このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

がいこくのひとむけ

手続き案内サービス・リアルタイム窓口混雑情報

みどり・緑化

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

企画展「みんなの校歌―練馬区編」(令和5年1月21日から令和5年3月21日まで)

現在のページ
  1. トップページ
  2. 観光・催し
  3. 文化・教養・芸術
  4. 石神井公園ふるさと文化館
  5. 企画展「みんなの校歌―練馬区編」(令和5年1月21日から令和5年3月21日まで)

ページ番号:103-311-825

更新日:2023年1月6日

 学校があれば、校歌がある…ですが、日本の「校歌」はいつごろから作られ始め、どのように広がっていったのでしょうか。
 日本における西洋音楽の歴史は明治時代から始まりますが、当時はまだ日本人の手による楽曲も少なく、学校では「唱歌」の科目はあるものの五線譜や楽譜、合唱に慣れない時代が続きます。
 やがて明治20年代後半から次第に学校ごとの校歌を定めることができるようになっていきます。
 展覧会では校歌の歴史を振り返るとともに唱歌や童謡にもふれながら、練馬区内の小中学校の校歌の歌詞に焦点をあて、歌のなかに描かれた地域の風景、風土、歴史や、心をこめて校歌を作った人々の思い、校歌の持つ力などを紹介します。
 練馬区ゆかりの文化人による校歌のコーナーでは、伊波南哲いばなんてつ梅崎春生うめざきはるお草野新平くさのしんぺい武島羽衣たけしまはごろも萩原延壽はぎわらのぶとし堀尾青史ほりおせいしの業績を収蔵資料を中心に展示します。

会期中のイベントなど詳しくはつぎのホームページをご覧ください。

企画展概要

会期

令和5年1月21日(土曜)から3月21日(火曜・祝日)
午前9時から午後6時
月曜休館

観覧料

無料

会場

石神井公園ふるさと文化館 2階 企画展示室
(練馬区石神井町5丁目12番16号)

お問い合わせ

石神井公園ふるさと文化館
電話:03-3996-4060

施設概要

石神井公園ふるさと文化館は練馬区の歴史や伝統文化、自然などについて体験しながら楽しく学ぶことができ、観光情報も発信する新しい博物館です。

所在地

〒177-0041練馬区石神井町5丁目12番16号

交通案内

西武池袋線「石神井公園駅」下車 徒歩15分

西武新宿線「上井草駅」下車 徒歩25分

西武バス「JA東京あおば」下車 徒歩5分
(荻14 石神井公園駅南口-上井草駅-荻窪駅)

西武バス「三宝寺池」下車 徒歩2分
(荻15 長久保-大泉学園駅南口-上井草駅-荻窪駅-阿佐ヶ谷駅)

みどりバス「JA東京あおば」下車 徒歩5分
(関町ルート 関町福祉園-武蔵関駅南口-上石神井駅-JA東京あおば-練馬高野台駅-順天堂練馬病院)

連絡先

電話:03-3996-4060

開館時間

午前9時から午後6時
会議室の利用は、午前9時から午後9時30分

休館日

月曜日(月曜日が祝休日のときは、翌平日)
年末年始(12月29日から1月3日まで)
このほか設備保守点検等のための臨時休館日があります。

設備

車いす用トイレ、エレベーター、ベビーベッド、ベビーチェア、授乳スペース、オストメイト配慮設備 あり

施設詳細は下記ホームページをご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

地域文化部 文化・生涯学習課 伝統文化係  組織詳細へ
電話:03-5984-2442(直通)  ファクス:03-5984-1228
この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

石神井公園ふるさと文化館

  • 企画展「みんなの校歌―練馬区編」(令和5年1月21日から令和5年3月21日まで)

情報が見つからないときは

フッターここまで
ページトップへ