このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

がいこくのひとむけ

手続き案内サービス・リアルタイム窓口混雑情報

みどり・緑化

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

練馬の地名 今むかし(三原台)

ページ番号:324-944-391

更新日:2010年3月24日

三原台(みはらだい)

 昭和46年、住居表示によって、旧北田中町を中心に、東大泉町、土支田町の一部が合併して生まれた。新町名はいくつかの候補名の中から住民アンケートで決められた。町のほぼ中央、泉新小学校(三原台3-18)の東側を南北に田柄用水が流れている。用水は今、暗きょで、1丁目と3丁目の境になっている。そこは、また、旧町の境界でもあった。このあたりに立つと、三方がなだらかな台地になっている。町名の付けられたゆえんである。江戸時代の中ごろ、田中村(今の南田中)から幾人(いくたり)かの人たちが、新天地を求め開墾にやってきた。武蔵野特有の雑木林の台地は、数年後に見事な畑となった。新墾地は田中新田(しんでん)と呼ばれた。新田は本村(ほんそん)に属し、親子のような関係にあった。明治22年、町村制が布(し)かれ、石神井村大字田中の内となった。田中新田が独立の町となるのは、昭和7年、石神井が板橋区になったときからである。田中村の本村は南田中町、新田は北田中町となった。
 昭和22年、練馬区が板橋区から独立した。南と北の田中町は、仲良く健在だった。46年、北田中町は新しく三原台と変わった。南田中町は、昔からの地名を捨てきれずに守った。
 稲荷神社(三原台1-32)の境内には御嶽社(おんたけしゃ)、浅間社(せんげんしゃ)、富士塚などがあって、新田のころの信仰の様子をうかがわせる。

ねりま区報 昭和60年2月21日号 掲載

本文ここまで

サブナビゲーションここから

このページを見ている人はこんなページも見ています

情報が見つからないときは

フッターここまで
ページトップへ