このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

がいこくのひとむけ

手続き案内サービス・リアルタイム窓口混雑情報

みどり・緑化

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

練馬の地名 今むかし(上石神井)

ページ番号:556-763-265

更新日:2010年3月24日

上石神井(かみしゃくじい)

 上、下石神井村はもとはひとつであった。『小田原衆所領役帳』に「太田新六郎知行十七貫五百文江戸石神井」とある。新六郎は太田資高の子で、母は北條氏綱の娘、当時江戸随一の在地土豪であった。永禄6年(1563年)、北條氏康に反抗したが安房に敗走した。『新編武蔵風土記稿』には、その時この辺は闘いの衢(ちまた)となり、田畑、屋敷は荒廃した。のち、徳川家康が江戸入りしたころ、高橋、尾崎、田中、桜井、本橋などという人たちが開墾した、とある。
 明治22年、町村制施行で石神井村大字上石神井となり、昭和7年、板橋区成立のとき上石神井1、2丁目となった。2丁目は石神井川の北、今の石神井台である。1丁目は昔のままの上石神井の地名で、昭和60年6月1日に住居表示が実施され、1~4丁目の新しい街区ができた。
 石神井川を北にのぞむ早稲田高等学院(上石神井3-31)は、文明9年(1477年)、大田道灌が石神井城を攻めたとき布陣した愛宕(あたご)山である。愛宕橋の愛宕はその名残りである。
 智福寺(同4-9)は昭和40年、港区芝田町から現在地に移った。境内に江戸時代から有名な塩を上げて願いごとをかなえてもらう「塩上地蔵」がまつられている。

ねりま区報 昭和60年5月21日号 掲載

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

フッターここまで
ページトップへ