このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

がいこくのひとむけ

手続き案内サービス・リアルタイム窓口混雑情報

みどり・緑化

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

練馬の地名 今むかし(富士見台)

ページ番号:267-296-704

更新日:2010年3月19日

富士見台(ふじみだい)

 旧谷原村のうち石神井川の南側をいう。明治22年、石神井村大字谷原、昭和7年、板橋区成立の際、石神井谷原町1丁目、練馬区独立後、石神井の冠称をとった。そして、昭和39年、住居表示で現町名となった。
 東京に富士見と名の付く町や坂はよく知られたものだけでも20に余る。
 区内でも富士山(旧下練馬村の小字)、富士下(旧橋戸村の小字)、富士見池(関町北)、高富士橋、富士見橋(石神井川)など、富士にちなむ地名は多い。
 昭和10年代、東京近郊の電鉄会社は沿線開発に力を注ぎ、こぞって住宅地分譲を行った。当時、武蔵野鉄道といった西武池袋線沿線にも桜台や富士見台と名付けた分譲地が売り出された。瀟洒(しょうしゃ)な文化住宅の建ち並んだこの辺では、いつでも西の方に四季折々の富士山の姿が望めた。最寄りの貫井駅のホームからも見えた。昭和14年、駅名はそれにふさわしく富士見台駅と改められた。
 現在は住宅や商店が軒を並べ、正月などの空気の澄んだ天気の良い日でないと富士山は見えなくなってしまった。だから、”ちょっぴり富士見台”である。

ねりま区報 昭和59年10月11日号 掲載

本文ここまで

サブナビゲーションここから

このページを見ている人はこんなページも見ています

情報が見つからないときは

フッターここまで
ページトップへ