このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

とれたてキッチン

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

下石神井村(しもしゃくじいむら)

ページ番号:224-743-141

更新日:2010年3月26日

旧地名の部タイトルロゴ

練馬の地名今むかし(旧地名の部)タイトルロゴ

下石神井村(しもしゃくじいむら)

現在の石神井町、下石神井、上石神井南町

 『新編武蔵風土記稿』は下石神井村の小名を伊保ケ谷戸、根川原、坂下、和田、北原、池淵、上久保、下久保と記す。

 伊保ケ谷戸(いぼがいと)は石神井川の南、下石神井5・6丁目をいう。西は上石神井村と接する。イボは疱瘡(ほうそう)のことで、むかしは悪病のひとつであった。村境には疱瘡神を祀(まつ)って、疫病(やくびょう)神を防いだ。その小祠(しょうし)があったのであろう。今も禅定院(石神井町5-19)の境内にイボ地蔵と呼ぶ石仏がまつられている。

 ボート池と石神井川に挟まれた台地を小中原(こなかばら)といい、台地の下、石神井川の北側を根川原(ねがわら)という。川原の礫地(れきち)であることが多い。いま根ケ原橋がある。

 坂下は現在の坂下橋付近ではなく、坂下公園(下石神井3-4)辺りをいう。

 和田は石神井町1~4丁目の広範囲をいう。今も和田稲荷、和田橋、和田堀緑道、バス停名などにその地名が残る。ワダは川の曲流部をいうが、ここは正にそうした場所である。石神井川に沿うところを和田前という。

 北原は富士街道の北側、石神井町7・8丁目付近。村の北に新しく開けた所という意である。

 池淵は文字通り三宝寺池の周囲をいう。上石神井村にも同じ地名がある。明治になって現在のボート池の北側、石神井町6丁目の小字となったが、本来は池の北も南も池淵といった。延宝2年(1674年)の検地帳、最近発見された安永3年(1774年)の村明細帳や、幕末ころの村絵図はこの辺りを「秀月」と記している。今はその呼び方も判らない。ご存知の方は、ぜひ、お教えねがいたい。

 久保は下石神井1・2・4丁目一帯。地名の久保は窪地のことをいう。上久保、下久保、久保台(別名 向三谷)、遅野井久保(別名 原久保、現上石神井南町)などにわかれる。向三谷(むけざんや)は上井草村(杉並区)の小字三谷と、井草川を間に向い合っているからである。遅野井久保の遅野井(おそのい)は上井草の別称である。

明治6年頃の地名
明治6年頃の地名

ねりま区報 昭和61年2月1日号 掲載

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区Nerima city office

所在地:〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)

法人番号:3000020131202

練馬区 法人番号:3000020131202

© 2018 Nerima City.
フッターここまで
ページ上部へ