このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

とれたてキッチン

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

上練馬村(かみねりまむら)

ページ番号:804-424-522

更新日:2010年3月25日

旧地名の部タイトルロゴ

練馬の地名今むかし(旧地名の部)タイトルロゴ

上練馬村(かみねりまむら)

現在の田柄、光が丘(一部)、春日町、高松、向山、貫井

 「ねりま」の地名語源に、いくつかの説があることは既に紹介した。古代宿駅の名に由来する乗瀦(のりぬま)説。土器の材料となる粘土をねった練場(ねりば)説。どろぼうが馬を盗んできては訓練したという馬調練説。石神井川が豊水期にあったころ、豊島園付近が広大な沼であったろうとする根沼(ねぬま)説。残念ながらどれも定説になっていない。

 『新編武蔵風土記稿』は、上練馬村の小名を五つ、海老ケ谷(えびがやつ)、中ノ宮、高松、貫井、田柄と記す。これらの地名は、寛永16年(1639年)の上練馬村検地帳にも載っており、江戸期以前から言われていたに違いない。

 戦国時代、豊島氏の没落後、練馬城(今の豊島園)は海老名左近という武将の居城になった。『新編武蔵風土記稿』は「海老ケ谷ト唱ル地ハ則チ左近ノ居跡ナリト云」と記している。しかし、地名の語源から、エビは、台地や丘陵が海老形にわん曲する所を指すことが多い。ここもこうした地形をしている。中ノ宮は、今もバス停にその名が残る。この辺りの中心となるお宮があっての地名だろうが、現在はその所在も明らかでない。

 高松・貫井・田柄は現町名。旧小字がこのように、そろって残ったのは区内でもほかにない。高松の内に平松という地名がある。特に背の低い松があったわけでなく、普通の、という意味のヒラであろう。

 貫井は弘法大師の湧水伝説をもつ地名だが、実は各地にある温(ぬく)井が語源らしい。

 田柄は宝(たから)とも、田涸(たかれ)とも解されるが、区内難解地名の一つである。

 明治初年、村内の小字は全部で56あった。同22年、町村制実施で下土支田村を合併した。

 昭和7年、板橋区成立で向山町、春日町が新しくできた。

 同18年、田柄、土支田、高松に成増飛行場が建設された。終戦後、飛行場跡はグラントハイツと呼ばれたが、同44年、住居表示で光が丘となった。

明治6年頃の地名
明治6年頃の地名

ねりま区報 昭和60年11月11日号 掲載

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

練馬区Nerima city office

所在地:〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 電話:03-3993-1111(代表)

法人番号:3000020131202

練馬区 法人番号:3000020131202

© 2018 Nerima City.
フッターここまで
ページ上部へ