このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
練馬区Nerima city office
みどりの風吹くまちへ
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 保健・福祉
  • 区政情報
  • 観光・催し
  • 事業者向け

がいこくのひとむけ

手続き案内サービス・リアルタイム窓口混雑情報

  • Q&Aよくある質問 外部サイト 新規ウィンドウで開きます。
サイトメニューここまで

本文ここから

東京染小紋

ページ番号:708-546-089

更新日:2019年5月14日

練馬に日本文化の代表・・・東京染小紋

東京染小紋の写真

 東京染小紋は昭和51年に国より伝統的工芸品に、また昭和57年に東京都伝統工芸品に指定された。小紋とは型染めの文様の種類をいい、細かい模様染めのことである。
 小紋染めの着物は遠目には柄が無いように見えるが、近くで見ると微細な幾何学模様を見ることができる。その模様は裃(かみしも)の柄から鮫柄行儀や通しという代表的な風格と気品に溢れる柄や、身の周りの道具、文字づくし、動物などがある。
 室町時代(1300~1500年代)から武家、町人が自由に自分の着物を作ったというように、着物は自分の好みにあった色、柄で楽しんで着るものである。また、親娘孫と三代にわたって着られ、その理由はサイズおよびデザインは何年たっても変わらず、粋で格調高い趣をもちつづけるからである。エ程は、図案→型紙彫刻→色糊調整→型付け→板干し→地色染→蒸し→水洗い→乾燥→仕上げとなる。
 区内には東京染小紋工場が2つあり、そこより皆様に親しんでいただける国、都指定の工芸品を世の中におくりだしている。その喜びは、着物を愛する人々に支えられている。

練馬区伝統工芸会 会員名簿(東京染小紋)

会員名簿
氏名 住所
田島 輝久 練馬区土支田
田島 敬之(準会員) 練馬区土支田

お問い合わせ

産業経済部 経済課 中小企業振興係  組織詳細へ
電話:03-5984-1483(直通)  ファクス:03-5984-1902
この担当課にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

フッターここまで
ページトップへ